コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステシコロス ステシコロスStēsichoros

5件 の用語解説(ステシコロスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステシコロス
ステシコロス
Stēsichoros

[生]前640頃.マタウロス
[没]前555頃.シチリア島カタナ
ギリシアの抒情詩人。シチリア島のヒメラで活躍。本名は Teisiāsで,ステシコロスは合唱隊指導者の意味の号であるといわれる。伝説によると,彼はその作品『ヘレネHelenēによってヘレネを誹謗したために盲目になり,取消しの歌において,パリストロイにかどわかして連れていったのは本物のヘレネではなく彼女の幻だったと歌って,視力を回復したという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ステシコロス

シチリア出身のギリシアの詩人。前600年前後に活躍したが,生没年は不明。本名はTesias。ステシコロス(合唱歌作者の意)は称号。《パリノディア》等大規模な物語詩を多く書いたが,断片のみ現存。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ステシコロス【Stēsichoros】

古代ギリシアの抒情詩人。前600年前後シチリア島のヒメラを中心に活躍したが,生没年などその生涯の詳細は不明。プラトンの伝えるところによれば,ステシコロスはトロイア戦争の原因とされる美女ヘレネを非難したために神々の怒りに触れて失明,後に己の非を認めた詩《パリノディア》を作り,トロイアの王子パリスに誘拐されたのは彼女の替玉であったという伝説解釈を公にしたところ,失われた視力が回復した,といわれている。 ステシコロスは神話・伝説を合唱詩形の歌物語として多数作った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ステシコロス【Stēsikhoros】

前630頃~前555頃) 古代ギリシャの抒情詩人。カリュドンの猪狩り・ヘラクレスの武勇などの神話・伝説を題材とした合唱詩形の作品を多く作ったが、散逸し断片のみ現存。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ステシコロス
すてしころす
Stsichoros

生没年未詳。古代ギリシアの叙情詩人。紀元前7世紀後半から前6世紀後半の人。シチリア島の出身。本名はテイシアスであったといい、合唱叙情詩をジャンルとして確立した功績によって、ステシコロス(「合唱隊の設置者」の意)とよばれたという。作品はわずかな断片しか伝わらない。神話伝説に基づくスケールの大きい物語性が特色で、ロマンチックな恋物語もあり、神話や伝説が自由に改変されているという。トロイのヘレネを作中で非難して神罰のため盲目となり、「取り消しの歌」をつくって視力をふたたび与えられたという伝説は、このことをよく示している。[伊藤照夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のステシコロスの言及

【ギリシア文学】より

… 前7~前5世紀の諸都市における神々の祭祀や市民たちの冠婚葬祭の場もまた,各種の抒情詩文学の興隆と開花を促した。スパルタのアルクマンはアルテミス女神をことほぐ乙女たちの歌を,シチリア島ヒメラの詩人ステシコロスは抒情詩の形による叙事物語を,レスボス島の女流詩人サッフォーは情熱的な恋の歌を,おのおの地方色の濃い題材と方言とを織り交ぜながら歌っている。この時代の抒情詩文学においては,時と場所が課する要請と,歌い手の詩人自身の個性とが不可分の一体を成している場合も多く,アルカイオスのように政治と自分と酒の歌とが一つに歌われているものもある。…

※「ステシコロス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ステシコロスの関連キーワード可視光線表意コードVGA愛実杜順大化改新汚い戦争国連パレスチナ難民救済事業機関UNRWAポメラ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone