コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステレオ stereo

翻訳|stereo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステレオ
stereo

英語で「立体」の意を表す複合辞。たとえば stereographというと立体写真のことである。日本で現在一般に「ステレオ」と称されているものは stereophony,すなわち立体音響のことで,2個以上のスピーカを用いて,それぞれ異なった音を出し立体的な音響効果をねらった装置をいう。普通は 2種の音を,左右に離して設けられたスピーカから出すもので,近年の音楽のレコードやテープ,デジタルデータは,ほとんど 2種の音が記録されたステレオ用のものになっている。4種の音を出す装置(4チャンネルという)やそれ以上(マルチチャンネル)のものもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ステレオ(stereo)

テレビ・ラジオ・オーディオなどで、立体感が得られるように音響を再生する方式。また、その装置。2個以上のマイクロフォンを使って録音し、複数のスピーカーで再生して音の空間での分布を再現する。
多く複合語の形で用い、立体の、固い、などの意を表す。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

ステレオ

左右のスピーカーから、二チャンネルの音を出す仕組み。モノラルとは異なり、収録現場の臨場感が再生できる。LPからCDへとメディアは変わったが、ステレオ方式が主流であることには違いはない。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

大辞林 第三版の解説

ステレオ【stereo】

録音・再生のための二つ以上の独立したアンプ・スピーカーを用い、立体感・臨場感を得られるようにした音響方式や音響装置。 3D 。 ↔ モノラル

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のステレオの言及

【オーディオ】より

…また,戸外のレジャーに持ち歩くポータブルオーディオといわれる分野も盛んになっている。その一つはジョギングとか電車の中や歩きながらヘッドホンをかけてオーディオを楽しむヘッドホンステレオ,ラジオ受信機とカセットテープ録音再生機を一体化して携帯型にしたステレオラジカセや,携帯できるように小型化したシステムコンポを持ち歩いてオーディオを楽しむ分野などがあげられる。
【家庭用オーディオ装置のしくみ】
 入力信号としては放送電波と各パッケージメディアの再生信号がおもなものである。…

【レコード】より

…音波の変化に対応する音溝の変化は,原理的には水平方向,垂直方向のいずれでもよい。現在のレコードでは,いわゆるモノ(モノフォニックの略)の場合では,水平方向の変化という形で,またステレオの場合では45‐45方式とよばれる,水平方向,垂直方向の両方向の変化という形で音の記録が行われる(図1)。 なお,現在では,音を能率よく集める――カッター針を駆動する――レコードとして量産するという各段階に,マイクロホン,アンプ,カッター,スタンパーなどの多くの電気的,機械的な機器が導入されているが,基本的な記録の原理は変わらない。…

※「ステレオ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ステレオの関連キーワードミックス・ダウン[mix down]headphone stereostereo componentポータブルオーディオプレーヤーcompo stereoバランスコントロールcar stereoヘッドフォンステレオステレオヘッドホンステレオフォニックトーンコントロールステレオミニプラグレコードプレーヤーステレオスコープモノラルレコードステレオ再生装置コンポーネントステレオテープステレオデッキマイクロフォン

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ステレオの関連情報