コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストックホルム・アピール ストックホルム・アピール Stockholm Peace Appeal

3件 の用語解説(ストックホルム・アピールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストックホルム・アピール
ストックホルム・アピール
Stockholm Peace Appeal

1950年3月にストックホルム開かれた世界平和委員会 (11月に世界平和評議会と改称) が採択した核兵器禁止を要求する訴え。その内容は,(1) 原子力兵器の絶対禁止,(2) 禁止のための厳重な国際管理の確立,(3) 最初に原子力兵器を使用する政府の戦争犯罪者としての取扱い,などであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ストックホルム・アピール

国際平和運動によりストックホルムで発せられた二つのアピール。(1)1950年の平和擁護世界大会で採択。原子力兵器使用者を人類の敵・戦争犯罪人とみなし,その製造・使用禁止を要求し,5億人以上の賛成署名を得た。
→関連項目ウィーン・アピールゲルハルセン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ストックホルム・アピール
すとっくほるむあぴーる
Stockholm Appeal

1950年3月ストックホルムで開かれた平和擁護世界大会(World Congress of Partisans of Peace)第3回常任委員会で採択され、世界の人々に署名を求めたアピールで、(1)原子兵器無条件使用禁止、(2)原子兵器禁止のための厳格な国際管理の実現、(3)最初に原子兵器を使用した政府を人類に対する犯罪者とみなす――とのアピールを発表、これに対し全世界から5億の署名が寄せられた。この背景には前年9月のソ連の原爆保有声明と、これに対抗した50年1月の米トルーマン大統領の水爆製造命令など、当時の米ソを中心とした核軍備競争の拡大と、国際緊張の高まりという状況があった。同年11月常設されていた平和擁護世界大会委員会は世界平和評議会(World Peace Council)と名称を改め、その後51年2月のベルリン、53年6月のブダペスト、55年1月のウィーンと、核兵器の廃絶と話し合いの平和を柱とする全世界へのアピールを発表、50年代の世界平和運動の推進力となった。[藤村瞬一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のストックホルム・アピールの言及

【反戦・平和運動】より

…72ヵ国の平和団体代表が参加し,原子兵器禁止,軍拡と軍事ブロック反対,日・独の再軍備反対などを打ち出した。さらに大会後設けられた平和擁護世界大会委員会は50年3月,原爆反対の署名を全世界に訴えるストックホルム・アピールを発表,短時日の間に世界で5億人の署名を集めた。日本でも,朝鮮戦争反対の運動と結んで取り組まれ,645万の署名が集まった。…

※「ストックホルム・アピール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ストックホルム・アピールの関連キーワードストックホルム学派ストックホルム症候群ストックホルムシンドローム王立ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団ストックホルム室内管弦楽団ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団ストックホルムマラソンロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団ストックホルム会議《ストックホルム・パピルス》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ストックホルム・アピールの関連情報