コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストーカー規制法 ストーカーきせいほう

7件 の用語解説(ストーカー規制法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストーカー規制法
ストーカーきせいほう

平成12年法律81号。ストーカー行為に対する処罰などの規制と,被害者に対する援助を定めた法律。正式名称は「ストーカー行為等の規制等に関する法律」。ストーカーとは,一方的に関心をいだいた相手がいやがるにもかかわらず,執拗につきまとう人のこと。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

ストーカー規制法

「ストーカー行為等の規制等に関する法律」の略称。ストーク(stalk)とは執念深く付きまとうことで、ストーカー(stalker)は付きまとう人を指す。ストーカー規制法はストーカー行為等を規制、処罰し被害者を援助するための法律で、2000年5月18日に成立し、同年11月24日から施行された。1999年、埼玉県桶川市で起きた、ストーカー行為の末に女子大生が刺殺された事件が制定のきっかけとなった。
ストーカー規制法は、特定の者に対する恋愛・好意感情や、それが満たされなかったことに対する怨恨(えんこん)の感情を満たすためのつきまとい等(つきまとい、待ち伏せ、監視、面会要求、無言電話)を規制。つきまとい等を繰り返すことをストーカー行為と定義し、罰則を科す。
被害者が警察に被害を訴えると、警察はストーカー行為をやめるよう加害者に警告することができ、警告を無視すると公安委員会が禁止命令を出すことができる。禁止命令に違反すると1年以下の懲役か100万円以下の罰金が科される。これとは別に被害者が加害者を告訴した場合、罰則は6カ月以下の懲役か50万円以下の罰金である。
警察庁によると、2008年度のストーカー事案の認知件数は1万4千657件で、警告をしたのが1千335件。禁止命令は26件。被害者の90.3%が女性で、加害者は元を含む交際相手が49.9%、元・内縁を含む配偶者が8.8%、知人・友人が9.9%。行為は面会・交際等の要求が52.6%、つきまとい、待ち伏せ等が51.6%、無言電話・連続電話等が30.1%となっている。
ストーカー行為が監禁や殺人など凶悪事件につながることもあり、各都道府県警では相談や規制に力を入れている。また、恋愛感情と関係の無いつきまとい等を規制する条例もいくつかの県で制定されているが、合法的な営業、布教、労働争議、取材などを過度に規制する恐れも指摘されている。

(北健一  ジャーナリスト / 2009年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ストーカー規制法

1999年に埼玉県桶川市で女子大学生が殺された事件をきっかけに2000年、施行された。恋愛や好意の感情に絡んだ待ち伏せや面会要求、著しく乱暴な言動などを「つきまとい等」と規定し、繰り返したり、禁止命令に違反したりした場合に罰則がある。長崎県西海市で11年、ストーカー被害を訴えた女性の実家の母と祖母が男に刺殺された事件などを教訓に、13年に初の改正法が施行され、メールを繰り返し送る行為が新たに「つきまとい等」として禁止された。

(2014-08-05 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ストーカー‐きせいほう〔‐キセイハフ〕【ストーカー規制法】

《「ストーカー行為等の規制等に関する法律」の通称》ストーカー行為に対する規制・罰則と、被害者に対する援助措置を定めた法律。平成12年(2000)施行。
[補説]この法律でいうストーカー行為とは、同一の者に対し、つきまとい等(下記の(1)から(4)までに掲げる行為については、身体の安全、住居等の平穏もしくは名誉が害され、または行動の自由が著しく害される不安を覚えさせるような方法により行われる場合に限る)を反復してすることと規定。
つきまとい等とは、特定の人物に対する恋愛感情や好意の感情が満たされなかったことによる怨恨(えんこん)の感情を充足させるために、本人、その配偶者、親族などに対し、以下のような行為をなすことと規定。
(1)つきまとい、待ち伏せし、進路に立ちふさがり、住居・勤務先・学校などの付近において見張りをしたり、そこへ押し掛けたりすること。
(2)行動を監視していると思わせるような事柄を告げること。
(3)面会・交際など、義務のない行為を要求すること。
(4)著しく粗野または乱暴な言動をすること。
(5)電話をかけて何も告げず、または拒まれたにもかかわらず、連続して電話をかけること。また、連続してファックスや電子メールを送信すること。
(6)汚物・動物の死体など、著しく不快で、嫌悪の情を催させるような物を送付すること。
(7)名誉を害する事柄を告げること。
(8)性的羞恥心を害する事柄を告げること。また、性的羞恥心を害する文書・図画などを送付すること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ストーカー規制法【ストーカーきせいほう】

正式にはストーカー行為等の規制等に関する法律。2000年11月施行(議員立法)。ストーカーを規制する法律。規制対象となるストーカー行為(つきまとい行為の反復)を,公権力介入の限定の観点から,〈特定の者に対する恋愛感情その他の行為の感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足することにおく行為〉に限定している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ストーカーきせいほう【ストーカー規制法】

正称、ストーカー行為等の規制等に関する法律。恋愛や好意、また、それらによる怨恨を晴らす目的でのつきまとい、迷惑電話、面会・交際の要求などのストーカー行為を取り締まる。2000年(平成12)制定。 → 付き纏まと

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ストーカー規制法
すとーかーきせいほう

正式名称は「ストーカー行為等の規制等に関する法律」。ストーカー法ともいう。執拗(しつよう)な「つきまとい等」のストーカー行為を規制し、処罰する法律で、被害者への援助等の内容も盛り込まれている。平成12年法律第81号。2000年(平成12)5月公布、11月施行。
 ストーカー行為を、恋愛感情などの好意の感情を満たすため、または、それが満たされなかったことへの恨みの感情を満たすため、同じ人に対しての「つきまとい等」を繰り返すこと、と規定している。「つきまとい等」については、つきまとい、待ち伏せ、住居への押しかけ、面会・交際の要求などの行為を八つに類型化している。
 警察は、「つきまとい等」への警告を求める申し出を受け、違反行為が繰り返されるおそれがあると確認した場合、行為の禁止を警告できる。警告に従わない場合、都道府県公安委員会が禁止命令を出すことができる。
 ストーカー行為は親告罪で、6月以下の懲役または50万円以下の罰金、また、禁止命令にもかかわらず、ストーカー行為を続けた場合は、1年以下の懲役または100万円以下の罰金などの罰則が設けられている。[福井仁法]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ストーカー規制法の関連キーワード風営法出会系サイト規制法麻薬特例法風適法航空の危険を生じさせる行為等の処罰に関する法律工場排水等の規制に関する法律特殊鳥類の譲渡等の規制に関する法律ばい煙の排出の規制等に関する法律人質による強要行為等の処罰に関する法律風俗営業等の規制及び業務の適正化に関する法律

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ストーカー規制法の関連情報