コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストーンヘンジ ストーンヘンジ Stonehenge

翻訳|Stonehenge

8件 の用語解説(ストーンヘンジの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストーンヘンジ
ストーンヘンジ
Stonehenge

イギリス南部ウィルトシャーソールズベリーにある巨石記念物環状列石遺構。外側に直径 100mほどの堀があり,その内側に石柱列が四重に環状にめぐらされている。中央には巨石が馬蹄形に立っており,その中心に祭壇石がテーブル状に置かれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ストーンヘンジ(Stonehenge)

英国ウィルトシャーソールズベリ平原にある巨石記念物新石器時代から青銅器時代まで何回も作りなおされた結果、環状列石が四重に残る。太陽崇拝と関係する祭祀遺跡とされる。1986年、近くにあるエーブベリーの巨石遺跡とともに世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ストーンヘンジ

英国のソールズベリー近郊にあるストーン・サークル。中央に祭壇石が置かれ,それを囲んで馬蹄(ばてい)状に石柱が並び,外側に3重の環状列石がある。その外に3重の穴の列,最外側に直径約110mの溝があり,溝の外,祭壇石の北東方にヒールストーン呼ばれる石が置かれている。
→関連項目ストーンヘンジ,エーブベリーと関連する遺跡群

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界遺産情報の解説

ストーンヘンジ

原野にたたずむ謎の巨石群、ストーンヘンジイギリス南部のソールズベリー郊外、直径100mを超える環状の溝と土手で囲まれた広場に、馬蹄形に組み立てられた巨石群が立っています。最大のもので重さ50トンを越える巨石が同心円状に配置されており、神秘的で不思議な光景が広がります。一体、誰が何の目的で造ったのか。その謎はまだ明らかになっていませんが、今からおよそ5,000年前の紀元前3,000年頃、牧畜、農耕が盛んで鉄器を持った好戦的な民族・古代ケルト人によって造られたといわれています。

出典|KNT近畿日本ツーリスト(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ストーンヘンジ【Stonehenge】

イギリス,イングランド南部,ソールズベリー平野にあるヨーロッパ随一の巨石記念物。新石器時代後期から青銅器時代にかけて(前2500~前2000ごろ),大きく3回に分けて造営された。I期には,外側に堀をもつ幅6m,高さ1mほどの土塁を径100mの円形にめぐらし,その内側の同心円状の位置(径86m)に56の土坑を掘っている。この土坑からは火葬人骨が出土した。北東の開口部の外には高さ5mの自然石(ヒール・ストーン)が立てられ,さらに,土塁と土坑列に重なって,低い土盛りの上に石を立てた施設(ステーション)が4基設けられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ストーンヘンジ【Stonehenge】

イギリスのソールズベリ近郊にある環状列石。直径約110メートルの溝の内側に、巨石柱が四重の環状に並ぶ。紀元前二千年頃の太陽崇拝関係の遺構と推定される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

ストーンヘンジ【ストーンヘンジ】
Stonehenge

イギリスのイングランド南部のソールズベリ(Salisbury)近郊にある、古代の環状列石の遺跡。同市街の北西約13km、ソールズベリ平原の中にある。高さ4~5mの30個の立石(メンヒル)が、直径約100mの円形に配されている。その建造年代は、紀元前2500年から紀元前2000年と推定されている。夏至の日には、ヒールストーンと呼ばれる高さ6mの玄武岩と、中心にある祭壇石を結ぶ直線の延長上に太陽が昇ることから、この列席を配した人物は高度な天文知識を持っていたといわれる。その用途についても、祭祀場や礼拝場、あるいは天文台など、さまざまに推定されているが、不詳である。◇ロンドンウォータールー駅からソールズベリ駅まで列車で約1時間30分、さらに駅からバスで約25分の場所にある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ストーンヘンジ
すとーんへんじ
Stonehenge

イギリス南部ソールズベリー平野のほぼ中央にある巨石記念物。世界各地にあるストーン・サークルのうちもっとも著名な遺跡で、20世紀に入ってからの数次にわたる調査の結果、年代や構築状況が解明されてきた。1986年に巨石記念物であるエーブベリー、関連する遺跡群とともに世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。ストーンヘンジは、中心から、トリリトン、サーセン円、Z穴、Y穴、オーブレー穴、周溝が同心円状に配列され、北東部にはヒル・ストーンが建ち、そこに至る通路がつくられている。これらの構成は一時期につくられたのではなく、期に段階的に建造、使用されたことが判明し、その実年代は紀元前2800~前1100年ごろと推定されている。
 期には主として外周部がつくられた。期にはブルー・ストーンとよばれる石が搬入され、サーセン円とトリリトンの中間に二重の環状に建てられた。期はさらにa~c期に細分されているが、ストーンヘンジ最大の構築物であるトリリトンとサーセン円がつくられた。サーセン石のうち最大のものは50トンを超える。またこの時期にはブルー・ストーンの建て替えを行っている。
 G・S・ホーキンズはこれらの石の配列をさまざまな角度から考察し、「ストーン・サークル=天文台」説を提唱したが、ストーンヘンジの中心と、ヒル・ストーンを結ぶ線が夏至の日の出の方向を示す以外は一般には認められていない。また墓壙(ぼこう)を伴うことから埋葬との関連も考えられる。[寺島孝一]
『G・S・ホーキンズ著、竹内均訳『ストーンヘンジの謎は解かれた』(1983・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のストーンヘンジの言及

【イギリス美術】より

…19世紀末のアーツ・アンド・クラフツ・ムーブメントはその意味で,イギリスに典型的な運動であったといえよう。
【建築】

[古代,中世]
 本来の建築とは見なされないが,先史時代の建築的な遺物としては,ソールズベリー平野のストーンヘンジがある。ヨーロッパの巨石記念物の代表的なもののひとつに数えられるが,その目的については定説がない。…

【巨石記念物】より

…たとえばフランスのブルターニュ地方のカルナック列石は,3群に分かれて東西3kmにわたって続くが,各群の端部にはストーン・サークルあるいはドルメンが付属する。またストーンヘンジ遺跡は二つのストーン・サークルからなるが,それぞれ中央にドルメンおよびメンヒルが立っている。 クレーンとか滑車などの道具がない時代に,このような巨石を動かしたり立てたりすることは極めて困難であったろう。…

【祭祀遺跡】より

…北西ヨーロッパの新石器時代から青銅器時代にかけては,巨大な石で構築した各種の遺構の存在が目だっており,巨石記念物と総称されている。その代表例とされるイギリスのストーンヘンジや3000本近い立石を列に並べたフランスのカルナック列石(クロムレクcromlech)は,ともに太陽崇拝との関連が論じられている。 農耕祭祀とのかかわりとは無縁だが,日本の縄文文化にも環状列石(ストーン・サークル)がある。…

【ストーン・サークル】より

…ウェールズ語の呼称クロムレックcromlechを採用したり,立石の上に楣(まぐさ)石を置いて相互に連結したものをヘンジhengeと呼んで特に区別することがある。ヨーロッパの大西洋岸に多くの遺構があり,イギリスのストーンヘンジエーブリーや,フランスのエル・ラニック,カルナックのものが著名である。ヨーロッパ以外でも,西南アジアのシナイ,アラビア,イラン,インドのデカン高原やアッサム地方,南シベリアのミヌシンスク地方,中国の甘粛省,日本の北海道,東北地方などに存在する。…

※「ストーンヘンジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ストーンヘンジの関連キーワードソールズベリーソールズベリー大聖堂ソールズベリエーブベリーオールドセーラムソールズベリ大聖堂ランベリス主教館の庭から見たソールズベリ大聖堂ソールズベリー平野クインズベリールール

ストーンヘンジの関連情報