コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スナガニ スナガニ Ocypode stimpsoni

3件 の用語解説(スナガニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スナガニ
スナガニ
Ocypode stimpsoni

軟甲綱十脚目スナガニ科 Ocypodidae。甲幅 2.5cm。甲はほぼ正方形で,通常灰白色であるが,日照などによって赤褐色にまで変化する。眼は大きく,カニ類中視力が最も優れている。鋏脚は左右不同で,大きい方の掌部内面に細い条線に刻まれた帯状部があり,これと鋏脚基部にある稜をすり合わせて音を出す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

スナガニ

甲殻類スナガニ科のカニ。甲は四角形,はさみ脚は左右で大きさを異にする。雄ははさみの掌部に細かいひだの列があり,これをこすって音をたてる。眼柄はやや長く,角膜部がよく発達して視覚は鋭敏,歩行も敏速である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スナガニ
すながに / 砂蟹
[学]Ocypode stimpsoni

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目スナガニ科に属するカニ。東北地方の太平洋岸から九州、朝鮮半島、台湾、中国北部にかけて分布し、砂浜にごく普通にみられる。甲幅2.5センチメートルほどで、甲の輪郭はほぼ正方形。甲面は肉眼でようやくわかるほどの丸い顆粒(かりゅう)で密に覆われている。眼柄(がんぺい)は長く、角膜部が大きい。雌雄ともはさみ脚(あし)は左右で大きさが異なる。掌部(しょうぶ)の内面には細い隆起線が帯状をなし、これを座節にある稜(りょう)でこすって発音する。小さいほうのはさみ脚は砂上の有機物をすくい取るのに適した形態である。歩脚はじょうぶで、指節は長く、湾曲していて穴を掘るのに役だつ。第2、第3歩脚の基部には軟毛の束があって呼吸水の浄化をするといわれる。南方系のミナミスナガニO. cordimanusは、インド洋まで分布する。眼窩(がんか)外歯が丸みを帯び、はさみ脚に発音装置がない。奄美(あまみ)大島以南に多いツノメガニO. ceratophthalmusは、眼柄の先に長い突起があり、はさみ脚に発音器がある。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スナガニの関連キーワード軟甲類旭蟹岩蟹米搗蟹蝲蛄猿猴蟹扇蟹拳蟹精進蟹柔蟹

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スナガニの関連情報