コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スナガニ Ocypode stimpsoni

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スナガニ
Ocypode stimpsoni

軟甲綱十脚目スナガニ科 Ocypodidae。甲幅 2.5cm。甲はほぼ正方形で,通常灰白色であるが,日照などによって赤褐色にまで変化する。眼は大きく,カニ類中視力が最も優れている。鋏脚は左右不同で,大きい方の掌部内面に細い条線に刻まれた帯状部があり,これと鋏脚基部にある稜をすり合わせて音を出す。一方,小さい方の鋏で砂上の有機物を砂とともに口に入れ,砂は団子にして捨てる。東北地方から大韓民国(韓国),台湾,中国北部まで,砂浜の高潮線付近に深さ 50cmほどの穴を掘ってすむ。スナガニ属 Ocypode のカニ類の英名は ghost crab(幽霊ガニ)であるが,これは夜間砂浜に出ているカニをライトで照らすと,すばやく逃げ,影だけが動くように見えることからきている。日本産の近縁種は甲の前側縁が丸みを帯びているミナミスナガニ O. cordimana と雄の眼柄の先に長い突起が発達するツノメガニ O. ceratophthalmus で,琉球列島の海岸に多産する。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

スナガニ

甲殻類スナガニ科のカニ。甲は四角形,はさみ脚は左右で大きさを異にする。雄ははさみの掌部に細かいひだの列があり,これをこすって音をたてる。眼柄はやや長く,角膜部がよく発達して視覚は鋭敏,歩行も敏速である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スナガニ
すながに / 砂蟹
[学]Ocypode stimpsoni

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目スナガニ科に属するカニ。東北地方の太平洋岸から九州、朝鮮半島、台湾、中国北部にかけて分布し、砂浜にごく普通にみられる。甲幅2.5センチメートルほどで、甲の輪郭はほぼ正方形。甲面は肉眼でようやくわかるほどの丸い顆粒(かりゅう)で密に覆われている。眼柄(がんぺい)は長く、角膜部が大きい。雌雄ともはさみ脚(あし)は左右で大きさが異なる。掌部(しょうぶ)の内面には細い隆起線が帯状をなし、これを座節にある稜(りょう)でこすって発音する。小さいほうのはさみ脚は砂上の有機物をすくい取るのに適した形態である。歩脚はじょうぶで、指節は長く、湾曲していて穴を掘るのに役だつ。第2、第3歩脚の基部には軟毛の束があって呼吸水の浄化をするといわれる。南方系のミナミスナガニO. cordimanusは、インド洋まで分布する。眼窩(がんか)外歯が丸みを帯び、はさみ脚に発音装置がない。奄美(あまみ)大島以南に多いツノメガニO. ceratophthalmusは、眼柄の先に長い突起があり、はさみ脚に発音器がある。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スナガニの関連キーワードコメツキガニ(米搗蟹)ハクセンシオマネキシオマネキ(潮招)スナガニ(砂蟹)コメツキガニツノメガニシオマネキチゴガニオサガニ海岸動物米搗蟹稚児蟹潮招筬蟹長蟹甲類砂蟹干潟

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スナガニの関連情報