コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スパー スパー Spa

翻訳|Spa

4件 の用語解説(スパーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スパー
スパー
Spa

ベルギー東部,リエージュ州の小都市。リエージュの南東約 30kmのアルデンヌ高原にあり,ローマ時代から鉱泉場として知られた。温泉保養場をさす普通名詞スパーは,この地名に由来する。 18世紀にはヨーロッパの王侯貴族が多数訪れ,最盛期を迎えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スパー(Spa)

ベルギー東部、アルデンヌ地方の温泉保養都市。古くから効用のある鉱泉として知られる。英語の温泉・鉱泉の意のspaはこの地名に由来。→スパ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

スパー

国際スパー本部が世界各国で展開する小売店のチェーン。日本では1977年から営業開始。コンビニエンスストア業態の「ホットスパー」を含め全国各地で展開していたが、現在は北海道スパー株式会社が運営する店舗のみが残る。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スパー
すぱー
Spa

ベルギー東部、リエージュ州南東部にある温泉保養都市。人口1万0394(2002)。東部アルデンヌ高原、ベズドル川の支流沿いに位置する。古くからリウマチ呼吸器系疾患に効用のある鉱泉として知られ、王侯・貴族やビクトル・ユゴーなどが好んだ地。英語で鉱泉を意味するスパーはこの地名に由来し、鉱泉水の瓶詰工業がある。第二次世界大戦中のアルデンヌの戦いバルジ大作戦)を記念する博物館や、カジノなどの遊興設備がある。第一次世界大戦中の1918年、ドイツ軍総司令部が置かれた。ユーロビジョンの歌謡祭が行われている。[川上多美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スパーの関連キーワード大規模小売店舗における小売業の事業活動の調整に関する法律COSPAR掛率スパーリングJCIFIEJがぜんC-MARTホットスパー国際獣疫事務局(OIE)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スパーの関連情報