スピノラ(読み)すぴのら(英語表記)Carlo Spinola

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スピノラ(Carlo Spinora)
すぴのら
Carlo Spinola
(1564―1622)

イタリア人宣教師、福者殉教者。イエズス会士として日本伝道に従事し、1602年(慶長7)長崎に上陸、有馬(ありま)に布教する。1605年京都に上り、司牧慈善活動に専心する一方、南蛮寺に数学・天文学のアカデミアを設立した。彼はドイツの天文学者で、グレゴリオ暦の提案者クラビウスの指導を受け、マテオ・リッチと同門であった。1612年長崎に帰来し、日本で初めて月食の科学的観測を行った。彼はキリシタン迫害下にあってよく異教徒に伝道し、洗礼を授けたが、1618年(元和4)に捕らえられ、1622年(元和(げんな)8)9月10日、神父、信徒25名とともに長崎立山(たてやま)における大殉教(元和大殉教)で火刑に処せられた。[磯見辰典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android