スピルオーバー(英語表記)spillover

翻訳|spillover

大辞林 第三版の解説

漏出 流出の意
衛星を使った放送電波が、目的地域以外の国に届くこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

放送の電波が,本来の目的とするサービス地域を越えて漏れること。意図的な番組流出ではないが,他国に影響を与えるので国際的な問題として論議されている。放送衛星 BSや通信衛星 CSのデジタル放送では,スピルオーバーを減少させるため,日本列島の形状に合わせて電波を絞り込む成形ビームアンテナ(→アンテナ)などが使われるが,現時点ではスピルオーバーを完全になくすことは不可能とされている。したがって,各国が共通の理解のもとにスピルオーバーを容認することで,チャンネル,軌道位置の国際的取り決めが,国連専門機関国際電気通信連合 ITUの会議で行なわれる。2000年に開始された BSデジタル放送や 110度CS(東経110°の静止軌道上にある通信衛星)放送のデジタル符号化されたデータを復号する B-CASカードは使用許諾契約約款により国外への輸出や持ち出しができないため,原則としてスピルオーバーによる視聴はできない。しかし実態としてカードの持ち出しは防げず,契約が必要なチャンネルを除き,日本放送協会 NHKや民間放送の BSチャンネルなどは視聴が可能である。またスピルオーバーは,地上波のテレビジョンラジオが本来の地域を越えて視聴可能になることもさす。県民向け行政サービスや全国チェーン店の地域限定キャンペーンなどの情報が対象地域外に流れるといった情報管理上の問題が生じるが,デジタル化によって電波の指向性や方位別の出力を制御しやすくなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (spillover 「流出」「漏出」の意) 放送衛星からの電波が本来のサービス区域をはみ出し、周辺の国へ漏れてしまうこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スピルオーバーの関連情報