コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スプートニク Sputnik

翻訳|Sputnik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スプートニク
Sputnik

ロシア語で「衛星」の意。一般にはソ連人工衛星のこと。固有名詞としてはソ連が最初に打上げた1,2,3号の人工衛星をさす。スプートニク1号は 1957年 10月4日に打上げられた史上初の人工衛星。直径 58cm,重さ 84kgの球体で,内部に簡単な測定器と2台の送信機などを積み,4本の棒状アンテナを備えていた。近地点 231km,遠地点 942km,周期 96.2分,軌道傾斜 65.2度。3ヵ月後の 58年1月4日に消滅。スプートニク2号は 57年 11月3日に実験用のイヌ1匹を乗せて打上げられた。重さは 508.3kg。イヌによる生物学的実験や宇宙線などの観測を行なったのち,58年4月 14日に消滅。 58年5月 15日に打上げられたスプートニク3号は,1327kgの重さがあり,人工衛星として初めて 1tをこえた。イオン捕集器や磁力計,流星塵測定器などの科学装置を多数積載。 60年4月6日に消滅した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

スプートニク(〈ロシア〉Sputnik)

《随伴者の意》1957年10月4日にソ連が打ち上げた史上最初の人工衛星の名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

スプートニク

ソ連の人工衛星。ロシア語sputnikは衛星の意味。1号は1957年10月4日に打ち上げられた世界最初の人工衛星。2号は1957年11月3日ライカ犬を乗せて打ち上げられた。
→関連項目エクスプローラー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スプートニク【Sputnik】

旧ソ連の人工衛星。スプートニクはロシア語で衛星の意味。1号は1957年10月4日,ソ連のバイコヌール宇宙基地から遠地点約950km,近地点約230km,軌道傾斜角65度の軌道に打ち上げられ,人類初の人工衛星となった。このできごとは人類の宇宙時代の幕あけとなるとともに,ソ連の宇宙技術のレベルの高さを物語るものであった。アメリカは約4ヵ月後にエクスプローラーの打上げに成功したが,衛星重量はスプートニクに比べはるかに軽かった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

スプートニク【sputnik】

〔従者の意〕
旧ソ連の人工衛星。第1号は1957年10月4日、史上初めて打ちあげられた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スプートニク
すぷーとにく
Спутник Sputnik 

人類最初の人工衛星の名。1957年10月4日ソ連が打ち上げた。ロシア語で「随伴者」の意味である。第1号は直径58センチメートル、重量83.6キログラムの金属球で、表面に4本の棒状アンテナが取り付けられており、内部温度や圧力などの測定値を送信しながら、近地点228キロメートル、遠地点947キロメートル、軌道傾斜角65.2度の軌道上を周期96.2分で飛び続けた。
 1957年は第3回の国際地球観測年にあたり、世界中の地球物理関係の科学者が協力して総合的に地球の観測を行う計画があり、アメリカはその一環として人工衛星を用いて観測を行うことを発表していたが、ソ連の突然のスプートニクの打上げ成功は、これを出し抜いたものであった。ロケットを用いて毎秒7.9キロメートル以上の速度で地球表面に平行に打ち上げられた物体は、人工の衛星となって永久に地球の周りを飛び続けるという理論は以前から知られていたが、その実現については疑問視している人も多かっただけに、世界の人々を驚かせるに十分なできごとであった。これによって人類は、その活動の空間を地上約10キロメートルから一挙に10倍以上に広げ、以降宇宙開発ということばが広く用いられるようになった。
 スプートニク2号は、1957年11月3日に犬を乗せて打ち上げられ、ソ連が宇宙空間における生物の活動に関心のあることを示した。また最終のスプートニクとなった第3号は58年5月15日に打ち上げられたが、総重量1327キログラムという重いものであり、大気組成、地球磁場、太陽放射などの観測装置を備え、空飛ぶ実験室とよばれた。[竹内端夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スプートニクの関連キーワードコンスタンチン ツィオルコフスキーアメリカ国防総省高等研究計画局スプートニクバイロファージ国連宇宙空間平和利用委員会マシュー ブレジンスキーピョートル カピッツァレオニド.I. セドフソビエト連邦史(年表)ロケット(飛行体)宇宙開発史(年表)宇宙政策(米国の)ツィオルコフスキークラウザー報告書フェオクチストフ国際地球観測年スペースデブリ学習指導要領ママウイルスウォストーク世界宇宙週間

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スプートニクの関連情報