コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スペクトル系列 スペクトルけいれつspectral series

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スペクトル系列
スペクトルけいれつ
spectral series

原子の放出スペクトルまたは吸収スペクトルにおいて規則正しい関係式に従う波長をもった一連のスペクトル線水素原子の可視部のスペクトル線に系列的関係があるらしいことはすでに 1880年代に知られていたが,これらの線を関係づける公式を初めて与えたのは J.J.バルマーである (1897) 。水素原子のスペクトル線の波長 λ は一般に次の公式で与えられる。
Rリュードベリ定数という。 m を固定し,n を変動させた一連の線がスペクトル系列をなす。 m=1 ,2,3,…を発見者の名によってライマン系列,バルマー系列,パッシェン系列,…系列という。公式の右辺の各項をスペクトル項という。 1913年 N.ボーアはラザフォードの原子模型と量子仮説とを用いて,理論的にこの公式を導き出した。他の原子のスペクトル系列もリッツの結合原理を用いて見出され,スペクトル項が少し修正された公式で表わされる。 (→水素原子のスペクトル )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

スペクトル系列【スペクトルけいれつ】

波長(またはその逆数の波数)が一定の関係式で表される一群のスペクトル線。たとえば水素の線スペクトルについて,λを波長,Rをリュードベリ定数とすれば,ライマン系列(式1)バルマー系列(式2)パッシェン系列(式3)などの系列がある。
→関連項目リュードベリ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

スペクトルけいれつ【スペクトル系列】

輝線スペクトルや吸収スペクトルを示す各光の波長が一定の関係式で示される一群のスペクトル線。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

スペクトル系列の関連キーワードブラケット(アメリカの物理学者 Frederick Sumner Brackett)バルマー(Johann Jakob Balmer)J.R. リュードベリリュードベリの公式ベルクマンの系列リュードベリ系列ピッカリング系列モーズレイの法則ブラケット系列原子スペクトルハンフリー系列輝線スペクトル非局所場理論プフント系列J. ルレー光の科学史シュスターデュワーセールリッツ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android