コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プント Punt

翻訳|Punt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プント
Punt

現在の東アフリカのインド洋沿岸ソマリアのあたりをさす古代エジプト人の呼び名。古代エジプト王たちがしばしば遠征軍を送った。アフリカ奥地に産する象牙,黄金,黒檀,白檀,没薬などエジプトにない物資を,エジプトからは装身具などの製品を見返りとして輸入した。最初の記録は第5王朝 (前 2494頃~2345頃) にみられるが,最も詳しいのは第 18王朝 (前 1567~1320) のハトシェプスト女王のもので,デル・エル・バハリにある葬祭殿にはプント遠征の大型船やプント地方の珍しい風俗,紅海の魚などを描いた彩色浮彫が残されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

プント

イタリアのフィアットが1993年から製造、販売している乗用車。3ドア、5ドアの小型ハッチバック。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プント【Punt】

古代エジプト人がアフリカ大陸の紅海沿岸にあった乳香の産地を指した名称。乳香のほか珍奇な産物で知られ,第5王朝から第19王朝ラメセス3世まで断続的に交易遠征隊が派遣された。第18王朝ハトシェプスト女王の記録が最も詳しく,住民はハム系,杭上に建てられた小屋に住み,乳香,金,黒檀,象牙,マントヒヒ・ヒョウの毛皮などを供給したと記されている。正確な位置については論争があり,近年ではソマリア説よりはスーダン東部のスアキンからエチオピア北西部にかけての広い地域とする説が有力となりつつある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

プントの関連キーワードアジアンオープンフィギュアスケーティングトロフィー暫定政府とイスラム法廷連合(UIC)天皇杯全日本サッカー選手権大会ブエルタ・ア・エスパーニャシングルトラックレースアブドラヒ ユスフムオタスムラーユパラグアナ半島トムラウシ温泉区限刺しゅうソマリランドベネズエラ湾アフリカ探検マラカイボ湖大山 倍達伊藤 泰世清水けんじベネズエラガローウェイタリア

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android