コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラザフォード ラザフォードRutherford, Daniel

9件 の用語解説(ラザフォードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラザフォード
ラザフォード
Rutherford, Daniel

[生]1749.11.3. エディンバラ
[没]1819.11.5. エディンバラ
イギリスの化学者,植物学者,医者。エディンバラ大学で医学を修める。同大学植物学教授兼植物園園長 (1786) 。王立病院医師 (91) 。リンネ協会会員 (96) 。 J.ブラック (炭酸ガスの発見者) に師事し,その示唆を受け,空気の成分のうち物の燃焼に役立たない物質を研究,1772年学位論文にまとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ラザフォード
ラザフォード
Rutherford, Ernest

[生]1871.8.30. ニュージーランドネルソン
[没]1937.10.19. イギリス,ケンブリッジ
ニュージーランド生まれのイギリスの物理学者。ネルソン・カレッジを卒業。カンタベリー大学に学んだのち,1895年ケンブリッジ大学に留学,キャベンディッシュ研究所に入所。1898年カナダマギル大学教授,1907年マンチェスター大学教授,1919年キャベンディッシュ研究所所長,1920年王立研究所教授を兼任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ラザフォード
ラザフォード
Rutherford, Dame Margaret

[生]1892.5.11. ロンドン
[没]1972.5.22. バッキンガムシャー,シャルフォントセントピーター
イギリスの女優。 1925年年齢的には比較的遅く演劇生活に入ったが,個性的な喜劇女優として認められた。当り役は O.ワイルドの『まじめが肝心』のプリズム (1939) やブラックネル夫人 (47) ,W.コングリーブの『世の習い』のウィッシュフォード夫人 (53) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ラザフォード
ラザフォード
Rutherford, Mark

[生]1831.12.22. ベッドフォード
[没]1913.3.14. ケント,グルームブリッジ
イギリスの小説家。本名 William Hale White。長らく海軍省に勤務したが,『自叙伝』 The Autobiography of Mark Rutherford (1881) によって文筆生活に転じ,内面生活の真摯な告白によって注目された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ラザフォード
ラザフォード
Rutherford, Samuel

[生]1600
[没]1661
スコットランドの新教徒聖職者。エディンバラ大学に学んで聖職につき (1627) ,アルミニウス主義批判の論文により非国教徒の嫌疑を受け,停職処分にされた (36) 。清教徒革命に際しては,スコットランド側委員として,1643年ウェストミンスター宗教会議に出席。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ラザフォード(Ernest Rutherford)

[1871~1937]英国の物理学者。ニュージーランド生まれ。放射線を研究し、原子崩壊説を提唱。α(アルファ)線がヘリウム原子核であることを証明し、中心核をもつ原子模型を提示、さらにα線を当てて窒素原子核人工変換に成功し、原子物理学発展の基礎を築いた。1908年ノーベル化学賞受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ラザフォード

英国の物理学者。ニュージーランドに生まれ,1895年渡英しキャベンディシュ研究所のJ.J.トムソンの下で放射能を研究。1898年カナダ,モントリオールのマギル大学教授となり,1902年ソディとともに放射性元素自然崩壊説を発表。
→関連項目核反応カピッツァキャベンディシュ研究所コッククロフトチャドウィック仁科芳雄ボーア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラザフォード【Ernest Rutherford】

1871‐1937
イギリスの物理学者。ニュージーランド南島のネルソン近郊に生まれた。クライストチャーチカンタベリー・カレッジに学び,1895年奨学金(1851年ロンドン博覧会の収益による)を得て渡英,同年初めて他大学からの学生に対しても学位を与える学制改革を行ったケンブリッジ大学のキャベンディシュ研究所の研究生となる。当初,磁気検波器の改良を手掛けていたが,所長J.J.トムソンの勧めでX線による気体の電離について共同研究し,次いで紫外線による気体の電離作用の研究に進み,気体の電離作用を原理とする定量的な電気的測定法をあみだした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ラザフォード【Ernest Rutherford】

1871~1937) イギリスの物理学者。放射線の研究を行い α 線・ β 線を発見。また、原子自然崩壊説を発表しボーアとともに有核原子模型を提出、 α 粒子による原子核の人工変換に成功するなど原子核物理学発展の基礎を築いた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のラザフォードの言及

【核反応】より

…衝突する粒子は,陽子,中性子,π中間子,電子,光子などの素粒子である場合と,重陽子(重水素の原子核),α粒子(ヘリウム4の原子核),またはもっと重い原子核などの場合とがある。
[核反応の発見と研究の発展]
 核反応の研究は,1919年E.ラザフォードが,ラジウムから出たα粒子を窒素の原子核にあてると,陽子が放出されるとともに酸素の原子核が生ずることを発見したときから始まる。α粒子と窒素核が陽子と酸素核に変わったのである。…

【原子】より

…これに対し同年,長岡半太郎は,電子が正電荷の外で土星の輪のようになって回っているという原子模型を提出した。その後11年,E.ラザフォードは,α線が金属箔で散乱される際に非常に大きく方向の変わるものがあることに注目した。α粒子が原子の中に入ったとき,電子は軽いのでα粒子に飛ばされ,したがってα粒子は電子によってはほとんど曲げられない。…

【原子核】より

…19世紀の末キュリー夫妻らによる放射性元素の発見から,原子の内部に電子以外のものが存在するのではないかと考えられ始めたが,それが原子の大きさに比べてはるかに小さく,しかも原子の質量の大部分を担うことがわかったのは20世紀に入ってからである。1910年ころE.ラザフォードは,H.ガイガーらが行った金属箔による放射性元素からのα粒子(ヘリウムの原子核42He)の散乱実験において,まれにではあるが非常に大きな角度でα粒子が散乱されることから,これを説明するためには正電荷と質量とが原子の中心に集中していなければならないことを示した。原子核は最初A個の陽子とN個の電子とから構成されると考えられたが,これには,電子のように軽い粒子を小さな領域に閉じ込めるのは困難であること,知られていた原子核のスピンがこの模型では説明できないことなどの難点があった。…

【原子力】より

…キュリー夫妻(M.キュリーP.キュリー)はこのベクレルの実験結果を徹底的に調べ,ウランが出している放射線はウランに固有のものであり,また,ウラン以外にも同じように放射線を出す元素があることを発見(1898),放射線を出す性質や能力を放射能とよび,放射能をもつ元素を放射性元素とよんだ。次いでE.ラザフォードは,ウランから放出される放射線のなかに,正の電荷と負の電荷をもつ放射線があることに気がつき,それぞれ,α線とβ線と名づけた。さらに,電荷をまったくもたない放射線もあることが発見され,γ線と命名された。…

【放射線】より

…これらの放射線は親核の寿命のためにしだいに減衰していくのが特徴であるが,これに対し,原子炉での核分裂や,加速器ビームによる核反応の際には,反応と同時に多くの中性子線やγ線が発生する。 放射線は,1896年,フランスのA.H.ベクレルが,ウランから放出されるのを発見したのが最初で,これに引き続いてM.キュリーらによってラジウム,ポロニウムからも同様の放射線が出ていることが明らかにされ,99年にはE.ラザフォードが透過力の小さい放射線にα線,大きいほうにβ線の名を与えた。さらに,1900年,フランスのP.ビラールは,磁場によって曲げられず,非常に透過力の強い第3の放射線が存在することを発見し,この放射線はγ線と呼ばれた。…

※「ラザフォード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ラザフォードの関連キーワード信達騒動信達一揆吉田藩(三河国)博多あまおう大塚家具アペール大田南畝お園六三遠羅天釜グリーンパーク

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラザフォードの関連情報