コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スンバ島 スンバとう Pulau Sumba

3件 の用語解説(スンバ島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スンバ島
スンバとう
Pulau Sumba

インドネシア南部,小スンダ列島中部の島。ヌサトゥンガラティムール州に属する。白檀の産地として知られ,17世紀からヨーロッパの商人が訪れた。トウモロコシを中心にイネ,コーヒータバコココヤシなどを栽培し,牧畜も盛んでスンバ馬を輸出する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スンバ‐とう〔‐タウ〕【スンバ島】

Pulau Sumba》インドネシア南部、小スンダ列島中部の島。旧称サンダルウッド島フローレス島の南西沖合に位置し、スンバ海峡で隔てられる。乾燥したサバンナ気候のため農業に適さないが、馬とビャクダンを産する。マラブという土着の精霊信仰が残っている。主な町は北東岸のワインガプ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スンバ島
すんばとう
Sumba

インドネシアの小スンダ列島中部にある島。フロレス島の南西沖合いに位置する。ほぼ東西に細長く面積1万1082平方キロメートル。500~600メートルの石灰岩性の丘陵地形からなり、島の南西部にワンガメティ山(1225メートル)がそびえる。南東貿易風の影響を受けるサバンナ気候のため農業はあまり振るわないが、スンバウマの飼育とビャクダンの生産で知られる。かつてはポルトガル領であったが、1756年にオランダ領となり、さらに太平洋戦争中は日本軍の占領下に置かれていた。中心地は北岸のワインガプー。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スンバ島の関連キーワードインドネシアインドネシア語派インドネシア海溝インドネシアの恋唄インドネシア大統領邸宅タマンミニインドネシアガルーダ・インドネシア航空機事故日本のインドネシア占領《インドネシア・ラヤ》スンバ種 (Sumba)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スンバ島の関連情報