コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セイボウ セイボウ Chrysididae; ruby-tailed wasp; cuckoo wasp

2件 の用語解説(セイボウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セイボウ
セイボウ
Chrysididae; ruby-tailed wasp; cuckoo wasp

膜翅目セイボウ科の昆虫の総称。一般に小型のハチで,体は緑,青,藍,紫,赤やこれらの色の組合わさった色で,美しい金属光沢がある。硬いキチン質の皮膚は強い点刻におおわれる。腹節は普通3節であるが,2,4または5節のものもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セイボウ
せいぼう / 青蜂

節足動物門昆虫綱膜翅(まくし)目セイボウ科Chrysididaeの昆虫の総称。和名は「青色をしたハチ」という意味であるが、体は青、緑、赤、紫などの金属光沢がある美しいハチの一群である。学名はギリシア語で「金色」を意味する。世界に広く分布し、体長2~20ミリメートルの寄生バチで、体の皮膚は強くキチン化して堅く、ものに驚くと体を二つに折って擬死をする性質がある。暑い日中によく飛翔(ひしょう)する。腹部の尾端(第3環節)は丸く突出して、いくつかの歯(2~6歯)をもち、この数が分類上の特徴になっている。第1齢幼虫は活発で闘争性がある。おもな種類には、トックリバチ科、ハキリバチ科などのハチに寄生するヨツバコセイボウChrysis ignita、イラガの幼虫に寄生するイラガイツツバセイボウC. shanghaiensis、ルリジガバチに寄生するミドリイツツバセイボウC. lusca、トックリバチ類に寄生するオオセイボウStilbum cyanurumなどが知られている。[立川哲三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セイボウの関連キーワードハナバチ小蜂早苗蜻蛉浄海坊青蜂姫蜂鼈甲蜂草蜉蝣蛺蝶セイボウ(青蜂)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone