コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

管仲 かんちゅうGuan Zhong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

管仲
かんちゅう
Guan Zhong

[生]?
[没]襄王7(前645)
中国,春秋時代の斉の政治家,思想家。名は夷吾。仲は字。斉の公子糾 (しきゅう) に仕え,小白 (のちの桓公) と争って敗れたが,親友鮑叔 (ほうしゅく) の推薦で桓公に仕え,国内の行政,経済の改革を実施して斉の富国強兵化に貢献した。対外的には北方の夷狄,南方の楚の侵入を撃退して中原の諸国を防衛し,桓公を五覇の第一人者にさせた功労者。『管子』はその著といわれるが,後代に編纂されたもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

管仲【かんちゅう】

中国,春秋時代の桓公の宰相。富国強兵策を採り,桓公を覇者たらしめた。貧時から終生変わらなかった鮑叔牙(ほうしゅくが)との交友は〈管鮑の交わり〉として有名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんちゅう【管仲 Guǎn Zhòng】

?‐前645
中国,春秋の名宰相。名は夷吾,仲は字。今の安徽省の人。はじめ斉の公子糾に仕えた。襄公の死後,君位をめぐる内乱で糾と桓公(かんこう)が敵対し,糾が敗死すると管仲は捕らえられたが,親友の鮑叔牙のつよい推挙によって桓公に用いられ,宰相として国政にあずかることになった。彼の政策は,内政では商業を重視して国を富ませるとともに,国民を軍国主義的に編成して兵力の強大化につとめ,対外的には諸侯の信頼を得ることを第一とした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんちゅう【管仲】

?~前645) 中国、春秋時代斉の宰相。名は夷吾いご、仲は字あざな。初め公子糾きゆうに仕えて、桓公かんこうと対立したが、のち鮑叔牙ほうしゆくがの推挙で宰相となり、桓公を覇者たらしめた。「管子」はその著という。 → 管鮑かんぽうの交わり

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

管仲
かんちゅう
(?―前645)

中国、春秋時代の斉(せい)の政治家。公子糾(きゅう)(?―前685)の臣下で、糾と桓公(かんこう)との公位争いで糾が敗れたため捕虜となった。しかし、桓公の臣下の鮑叔牙(ほうしゅくが)の推薦で用いられて宰相となった。以後、桓公を助けて富国強兵政策を進め、とくに農業の振興策や、塩、魚などの海産物資源を利用して商工業を振興させる政策を推し進めた。対外政策では、強力な軍隊を背景とし、他国と会盟を結ぶことによって諸侯間で桓公の指導力を発揮させるようにした。とくに紀元前651年の葵丘(ききゅう)(河南省商丘(しょうきゅう)市の西)の会によって、桓公を覇者にさせたが、管仲の死後、桓公は内政、外交両面で指導力を喪失したといわれる。管仲の思想は道徳より経済を重んじ、国民の生活安定を第一義とする点に特色があり、後の法家思想と通ずるところがある。『管子(かんし)』はその著書と伝えられるが、実際は戦国時代以降の人の筆になる部分が多いと考えられている。[太田幸男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の管仲の言及

【管子】より

…全86編,うち現存するもの76編。春秋時代の斉国の名宰相管仲の名を書名に冠するが,実際は戦国時代から漢初にかけて管仲の学説に擬して伝承されてきた数群の資料を,漢代(前202‐後220)初期に集成したものであろう。法家的傾向を最も強く有するが,儒家・道家など諸子の学説をも交え,断片的記述の集成になる編が多い。…

【財神】より

…北中国の商家では,諸神とは別に正月2日に財神をむかえ,人々は先を競って財神廟に参詣し,発財招福を祈願すると,〈元宝〉とよばれる馬蹄銀型の紙銭を借りて帰り,翌年これを倍にして返すという風習もあった。妓院では,春秋時代の斉の桓公もしくは管仲を娼業の祖としてまつり,また天津を中心とする北方では,〈胡仙〉とよばれる狐神や〈五大家〉と称される狐,鼬(いたち),針鼠,蛇,鼠の動物神が,巫女や商家のあいだで招財の神として信仰されたことも知られる。【堀 誠】。…

※「管仲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

管仲の関連キーワード斉(中国、周代の侯国)桓公[斉]松村九山賢聖障子諸子百家日尾荊山諸葛亮厳めい中国服法家財神左袒晏嬰封禅寵人

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android