コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セシウム137 セシウムひゃくさんじゅうななcesium 137

1件 の用語解説(セシウム137の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セシウム137
セシウムひゃくさんじゅうなな
cesium 137

セシウムの同位体で,ウラン核分裂から生まれ,放射性をもち,β線,γ線を放出し,半減期は 30年。体内ではカリウムと同様の動きをする。原子炉内核分裂生成物,核爆発の放射性降下物主成分で,染色体や遺伝子突然変異を起こすことがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のセシウム137の言及

【セシウム】より

…セシウム塩は人体に有害であり,カリウム塩の共存しない場合は植物に有毒である。原子炉内の核分裂生成物,核爆発実験の放射性降下物の主成分の一つである放射性核種セシウム137 137Csは,半減期30年のβ放射体で,体内に入るとカリウムと挙動をともにし,筋肉等に集まる。その体外への排出速度は大きいが,娘核の137mBa(半減期2.6分。…

※「セシウム137」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セシウム137の関連情報