コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セネカ(大) セネカ[だい]Seneca, Lucius Annaeus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セネカ(大)
セネカ[だい]
Seneca, Lucius Annaeus

[生]前55頃.コルドバ
[没]後39頃
ローマの修辞学者。小セネカの父,ルカヌスの祖父。幼少の頃ローマに出て教育を受けた。息子たちに弁論術の訓練をするために編んだ『論争問題集』 Controversiaeと『説得法』 Suasoriaeは,のちに広く愛用される教科書となった。前者は討論形式の法廷演説練習で,架空の刑事あるいは民事訴訟の問題を扱い,後者は議会演説の練習で独演の形式をとっている。各巻の序文は彼が生涯にわたって聞いたいろいろな演説家を,その演説の引用,逸話,余談などを交えて論じ,非凡な記憶力を示している。内乱勃発以後の歴史も書いたが失われた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

セネカ(大)の関連キーワードセネカ(小セネカ)マエケナス

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android