セミイルカ(英語表記)Lissodelphis borealis; northern right whale dolphin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セミイルカ
Lissodelphis borealis; northern right whale dolphin

クジラ目ハクジラ亜目マイルカ科セミイルカ属。体長は雄約 3.1m,雌約 2.3m。最大体重は約 115kg。出生体長は推定約 1mに達する。体色は全身黒色であるが,下顎の先端に小さい白色斑があるほか,咽喉部後方から尾鰭 (おびれ) の中央部にかけて白色の帯がある。白色帯は胸部付近で最も幅が広くなる。尾柄部では上下面にあるキール (稜状の隆起) のみが白色を呈する。尾鰭上面の後縁は淡色である。体型は細長く,吻端から背部に向ってゆるやかにふくらむ。噴気孔は1個で頭部正中線上にある。嘴 (くちばし) はきわめて短く先がとがっており,下顎が上顎より突出する。背鰭はない。胸鰭は小さく,幅が非常に狭い。上下顎骨にとがった細い円錐歯が左右 37~54対並ぶ。群れは通常 100~200頭であるが,まれに 3000頭をこえる。イルカ類と混群をなし,特にカマイルカとの大きな混群を形成することが多い。出産期は冬から早春までである。おもにスルメイカ類やハダカイワシ類を捕食するが,食性範囲が広く,表層性および中層性の魚類も捕食する。イカ流し網による混獲が著しく,その数は年間2万頭に上る。太平洋の大洋域のみに分布し,北緯 30゜~50゜によく出現する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セミイルカ
せみいるか / 背美海豚
northern right whale dolphin
[学]Lissodelphis borealis

哺乳(ほにゅう)綱クジラ目マイルカ科の海産動物。成体の体長は約3メートルで、雄は雌よりも大きい。体色は黒色で胸部が白く、その白色部が腹面に細く伸びて尾びれまで達している。下顎(かがく)先端も白い。背びれがなく、体形がトウガラシの実に似ているので、トウガラシとよぶ地方もある。北太平洋の中緯度海域にのみ分布が限られている。群集性で、2000~3000頭の大群をなすこともあり、ほかの種類のクジラ類といっしょに泳ぐこともしばしばある。南半球の中緯度海域に近縁種のシロハラセミイルカL. peroniが分布する。この種は上下両吻(ふん)および両胸びれが白い。[西脇昌治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android