セローフ(読み)せろーふ(英語表記)Валентин Александрович СеровValentin Aleksandrovich Serov

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セローフ(Valentin Aleksandrovich Serov)
せろーふ
Валентин Александрович Серов Valentin Aleksandrovich Serov
(1865―1911)

ロシアの画家。ペテルブルグで作曲家の家庭に生まれる。少年時代にレーピンに師事、その後ペテルブルグ美術アカデミーに学んだ。画家のブルーベリやコローウィンと親交を結び、いわゆるアブラムツェボ・グループの一員であった。初期の代表作としては『桃をもつ娘』(1887)、『陽光を浴びる娘』(1888)があり、初期ロシア印象主義の作品として高く評価されている。1890年代の初めから主として肖像画を描き、コローウィン、レビタン、レスコフ、リムスキー・コルサコフ、カチャーロフ、カルサビナ、ゴーリキー、シャリアピンなどロシア文化史に名を残す人々の肖像を描いた。また、晩年には『ピョートル1世』(1907)など歴史画も制作、ロシア写実主義絵画に大きな足跡を残した。弟子にクズネツォフ、サリヤン、ペトロフ・ウォトキン、ユオンなど初期ソビエト美術界の選良たちがいる。[木村 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android