セントアンドルーズ(英語表記)Saint Andrews

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セントアンドルーズ
Saint Andrews

イギリススコットランド東部,ファイフ北東部の都市。北海に面し,ダンディーの南東約 20kmに位置する。6世紀に建設されたケルト人の宗教集落に始まる町で,初めマクロス Mucross,次いでキルリモント Kilrymontと呼ばれた。8世紀に新しい聖堂が建設され,聖アンドルーに献堂されたが,聖アンドルーがスコットランドの守護聖人とされ,その遺物が聖堂にまつられた結果,重要な宗教中心地となり,町もセントアンドルーズの名で知られるようになった。908年司教座が置かれ,12世紀にはその司教区はスコットランドで最も重要なものとなり(1472大司教区に昇格),宗教的首都としてスコットランドの主要な町の一つに発展した。1160年に建設が始まった大聖堂は 1318年の完成時にはスコットランド最大の規模を誇り,周囲は堅固な防壁で囲まれた。1411年スコットランド最初の大学(→セントアンドルーズ大学)が創設され,以後大学町としても発展。16世紀の宗教改革では宗教首都として混乱に見舞われ,1560年改革派が勝利すると大聖堂は放棄され,のち崩壊。町もしだいに衰退し,18世紀には市街も荒廃した。復興は 19世紀半ばになってからで,市長のヒュー・ライアン・プレーフェアなどの努力により,1754年創設のゴルフクラブをもとにゴルフのメッカ,保養地として,また大学町として再建され,20世紀には商業中心地としても発展した。人口 1万4209(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

セントアンドルーズ【Saint Andrews】

イギリス、スコットランド東部の北海に臨む保養都市。1754年に創設された世界最古のゴルフ-コースがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セントアンドルーズの関連情報