コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントジョージズ Saint George's

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セントジョージズ
Saint George's

西インド諸島東部,グレナダの首都。小アンティル諸島南東部,ウィンドワード諸島南端のグレナダ島南西岸にある港湾都市。 1650年フランス人が植民地として建設。 1885~1958年イギリス領ウィンドワード諸島の首都。カカオ,ナツメグ,バナナなどを輸出し,製糖,ラム酒製造などの工業がある。フランス風,イギリス風の建物が混在した町並みが美しく,また近くに美しい砂浜海岸があり,観光・保養地として知られる。近郊に国際空港がある。人口 5200(2009)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

セントジョージズ【Saint George's】

グレナダの首都。グレナダ島のカリブ海に面する港湾都市。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

セントジョージズの関連キーワードミルフォードヘーブンペンブルックシャーキース ミッチェルウェクスフォード県キラニ ジェームズアイリッシュ海カーディガン湾バミューダ諸島ウィンザー城ハミルトンウェールズ

セントジョージズの関連情報