セントローレンス湾(読み)セントローレンスわん(英語表記)Gulf of Saint Lawrence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セントローレンス湾
セントローレンスわん
Gulf of Saint Lawrence

カナダ東部にある湾。ケベック州ニューブランズウィック州ノバスコシア州ニューファンドランド島に囲まれている。南北 800km,東西 400km。海域面積約 15万 5000km2カボット海峡ベルアイル海峡大西洋に通じる。湾の海底はアパラチア山系の北端が海底に沈水した部分と,カナダ楯状地として知られる巨大な古期岩塊の南端部から成る。湾内にはアンティコスティ島プリンスエドワード島,ケープブリント島が浮ぶ。湾内のおもな潮流は反時計回りで,冷たいラブラドル海流はベルアイル海峡から,セントローレンス川の水を包蔵したガスペ海流はガスペ半島とアンティコスティ島の間から流入する。水産資源は豊かであるが,冬季は流氷におおわれ,航行可能なのは4月中旬~12月。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セントローレンス湾の関連情報