コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セント・ジョージズ セントジョージズ

百科事典マイペディアの解説

セント・ジョージズ

カリブ海南東部の島国グレナダの首都。同国の主島グレナダ島の南西岸に位置する。1650年にフランスの植民地として建設され,当初はフォール・ロアイヤルと呼ばれていた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セント・ジョージズ
せんとじょーじず
Saint George's

カリブ海東部、ウィンドワード諸島にあるグレナダの首都。人口3万5559(2001)。グレナダ島の南西部に位置し、天然の良港を抱いている。この港から、グレナダの主要産物であるカカオ、バナナ、ニクズクを輸出する。また、近くには美しい海と砂浜があり、観光客誘致に力を入れている。[菅野峰明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

セント・ジョージズの関連キーワードウィンザー(イギリス)ミルフォードヘーブンセンチュリー・ギルドキラニ ジェームズバミューダ諸島グレナダの要覧マンスターイギリスコカレル

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android