コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼーベック効果 ゼーベックコウカ

5件 の用語解説(ゼーベック効果の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゼーベック‐こうか〔‐カウクワ〕【ゼーベック効果】

2種の異なる導線の両端を接合して、両接合部に異なる温度を与えると起電力を生じる現象。1821年ドイツ物理学者ゼーベック(T.J.Seebeck)が発見。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ゼーベック効果【ゼーベックこうか】

熱電気現象(熱電気)の一つ。2種の導体の両端をつないで閉回路をつくり,二つの接点を違った温度に保つと,回路に起電力(熱起電力)を生じ電流(熱電流)が流れる現象。
→関連項目コンスタンタントムソン効果熱電発電ペルチエ効果

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

法則の辞典の解説

ゼーベック効果【Seebeck effect】

2種類の金属線を使ってループをつくり,その接合部を互いに異なった温度に保つと,起電力が生じる.これは1812年にゼーベック(T. J. Seebeck)が発見した現象である.このときの起電力(熱起電力)V は,温度差 ⊿T に比例するので次のように書ける.

V=α⊿T

α はゼーベック係数呼ばれる.一方の金属を鉛とした場合の α は特に「熱電能(thermoelectric power)」と呼ばれることもある.熱電対温度計はこのゼーベック効果を活用したものである.なお,半導体の両端を異なった温度に保った場合も起電力が現れるが,この現象もやはりゼーベック効果と呼ばれている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゼーベック効果
ゼーベックこうか

熱起電力」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゼーベック効果
ぜーべっくこうか
Seebeck effect

2種の異なる導体(金属または半導体)A、Bの両端1、2を、のように接合して、それぞれを異なる温度(T1T2)に保つとき、回路に電流(=熱電流)が流れる現象をいう。熱電効果の一種である。1821年にゼーベックが銅とビスマスについて発見した。この電流は回路に沿って生ずる熱起電力によるもので、回路の途中P点を切断して(理想的には電流を通さないで熱を通す)電圧計を挿入することにより熱起電力を測定できる。一般に、一本の金属棒の両端1、2を異なる温度に保ち電流を流さない場合、1、2間には起電力が現れる。これを絶対熱電能とよぶ。この起電力は金属の種類により異なるので、のように2種の金属を接合し両端の温度が異なる場合、それぞれの金属に生ずる1、2間の絶対熱電能の差が熱起電力として現れるのである。絶対熱電能は物質定数であるとともに温度にも依存する。導体A、Bの絶対熱電能をεA、εB[V/K]とすれば、熱起電力V[V]は、

で与えられる。この熱起電力はA、Bの材質と両端の温度T1T2のみにより決まり、中間の温度には無関係である。温度測定に用いられる熱電対(ねつでんつい)はこの熱起電力を利用したものである。[宮台朝直]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のゼーベック効果の言及

【ゼーベック】より

…その後ベルリンに移り,磁気現象の研究を行い,アラゴーの減衰法則やヒステリシス現象の初期兆候を見いだした。また電流装置への熱の影響を調べる中で,21年に銅とビスマスまたはアンチモンの両端を接合して両接点を異なる温度に保つと電流が流れる現象(ゼーベック効果)を発見した。しかし彼は,電流の発生を信じられず,最後まで熱磁気の発生と考えていた。…

【熱起電力】より

…2種類の異なる金属線を接続して閉回路をつくり,二つの接合点を相異なる温度に保つと,二つの接合点の間に起電力が生じて電流が流れる。この現象をゼーベック効果Seebeck effectといい,このときの起電力を熱起電力と呼ぶ。1821年ドイツのT.J.ゼーベックが銅とビスマスまたはアンチモンについて発見した。…

【熱電対】より

…熱起電力を利用する目的で2種の異なる金属線を接続したものを指す。2種の金属線を接続して閉回路を構成し,二つの接点を異なる温度に保つと,接点間に起電力(熱起電力という)を生ずる(ゼーベック効果)。この熱起電力は金属の種類と2接点の温度によって決まるから,一方の接点を既知の基準温度に保ち,他方の接点を感温部とし,精密な電圧計や電位差計で熱起電力を計測すると,あらかじめ得ておいた較正目盛を用いて温度計として利用できる。…

※「ゼーベック効果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ゼーベック効果の関連キーワードDDS熱電温度計熱電気熱電対サーモエレメント建てるペルティエ効果有線ループヤーンフランク‐リード源

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゼーベック効果の関連情報