コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼーリガー ゼーリガーSeeliger, Hugo von

4件 の用語解説(ゼーリガーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゼーリガー
ゼーリガー
Seeliger, Hugo von

[生]1849.9.23. シュレジエン,ビアラ
[没]1924.12.2. ミュンヘン
ドイツ天文学者。ビアラ市長の子。ハイデルベルクおよびライプチヒ天文学を学び,1871年学位取得。ライプチヒ天文台助手,ボン天文台台員を経て,ゴータ天文台台長 (1881) ,ミュンヘン大学教授兼天文台台長 (82) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ゼーリガー

ドイツの天文学者。ライプチヒ(1878年),ゴータ(1881年),ミュンヘン(1882年)各天文台長。天球上の恒星分布を総合的に研究,天体光度測定法の理論を立て,黄道光の正体について論じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゼーリガー【Hugo Hans Ritter von Seeliger】

1849‐1924
ドイツの天文学者。恒星の明るさと空間分布から銀河系の構造を研究して,今日の統計天文学の基礎を固めた。ライプチヒ,ボンの天文台を経て,1882年にミュンヘン大学教授,同天文台長となり終生その職にあった。その間にドイツ天文学会長,ミュンヘン科学アカデミー会長などを務めた。また理論天文学者として,ユークリッド空間におけるニュートンの重力法則から宇宙の安定性を論じて,ニュートンの重力法則に疑問を投げかけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゼーリガー
ぜーりがー
Hugo von Seeliger
(1849―1924)

ドイツの天文学者。ポーランドのビアラに生まれる。ハイデルベルクおよびライプツィヒの大学で天文学を学び、1871年に学位を取得。1871~1873年ライプツィヒ天文台助手、1873~1878年ボン天文台観測助手、1881年まで同大学講師を務め、同年ゴータ天文台長、ついでミュンヘン大学教授兼同天文台長となった。彼の本領は統計天文学で、恒星の視等級と平均距離との関係を総括して恒星の空間分布を調査し、その成果として銀河系の形状が円盤形であることを示唆した。また水星の近日点の移動についても考察した。ドイツ天文学会長、ミュンヘン科学院長を歴任。[島村福太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ゼーリガーの関連キーワードジェームズKポーク勢力富五郎三井八郎次郎火成花崗岩武江年表スロバキア文学日舞花柳流宗家家元の花柳壽輔死去広岡浅子ライカカメラ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone