コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソヨゴ Ilex pedunculosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソヨゴ
Ilex pedunculosa

モチノキ科の常緑小高木。本州中部より西の暖地山地に普通にみられ,高さ 3m内外になる。葉は卵状楕円形で長さ4~8cm,全縁でやや革質,光沢がある。雌雄異株。6月頃に,雌花葉腋に単生し,雄花は数個集散花序をなしてつく。いずれも径 4mmほどの4弁の白色花で雄花にはおしべ4本がある。果実は赤く熟し,径約 7mmの球形で,2~5cmの柄でぶらさがる。材が白く木目が目立たないので,そろばん玉や,駒などに用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ソヨゴ

フクラシバとも。モチノキ科の常緑小高木。本州中部〜九州,中国の山地にはえる。葉は卵状楕円形でややつやがある。雌雄異株。6〜7月,白色の小花を開く。雄花は多数集まって集散状をなし,雌花はふつう葉腋に1個つく。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソヨゴ
そよご
[学]Ilex pedunculosa Miq.

モチノキ科の常緑低木、高さは普通3メートルほどになる。幹は緑色を帯びた灰色、若枝は緑色。葉は楕円(だえん)形、長さ4~8センチメートル。雌雄異株。花は5~6月、集散花序につき、白色。果実は紅色に熟し、長い果柄で斜めにぶら下がる。関東地方以西の本州、四国、九州、および中国に分布し、山地に普通に生える。長野県南部には、幹が地面をはい、細長くときに鋸歯(きょし)のある葉をもつ変種タカネソヨゴが分布する。ソヨゴの名は、葉が風にそよいで音をたてることによる。材はそろばん玉や工具の柄(え)などの器具や玩具(がんぐ)に用いられる。葉は「さやご染め」という紅色の染料として利用されたこともある。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のソヨゴの言及

【イヌツゲ】より

…関東・中部地方などでは小正月の繭玉を挿し,また蚕のまぶしに使われたこともある。 イヌツゲに似て石果の赤いウシカバ(別名クロソヨゴ)I.sugerokii Max.とその北方系変種アカミノイヌツゲvar.brevipedunculata S.Huが南千島,北海道,本州,四国に分布し,茨城・新潟両県以西の日本と台湾,中国には赤い石果が3~5cmの柄で垂れるソヨゴI.pedunculosa Miq.が分布する。クロガネモチI.rotunda Thunb.は外観がモチノキに似るが,小枝と葉柄は紫色を帯び,暖地では庭園樹として利用される。…

※「ソヨゴ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ソヨゴの関連キーワード大坂冬青ウシカバとりもち膨ら柴膨葉膨黐冬青

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ソヨゴの関連情報