ソラマメ(蚕豆)(読み)ソラマメ(英語表記)Vicia faba; broad bean

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソラマメ(蚕豆)
ソラマメ
Vicia faba; broad bean

マメ科の一年生または越年生の農作物。西南アジア原産といわれるが,古くから中国で広く栽培され,日本には江戸時代に渡来して,主として関東以西で栽培されている。は四角柱状で直立し,葉は1~3対の楕円形小葉から成る偶数羽状複葉で,白色を帯びた緑色,質が厚く軟らかい。春早く,葉腋に1ないし数個の淡紅紫色の蝶形花をつける。豆果 (莢) は長さ 10cmあまりで太い円柱形をし,熟すると黒くなる。中に3~4個の腎臓形の種子がある。未熟な種子を塩ゆでや,飯に炊込んで食べ,熟したものは炒り豆,あん,味噌,醤油の原料に,また茎や葉は家畜の餌や緑肥に利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android