コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソルベー会議 ソルベーかいぎThe Solvay Conference on Physics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソルベー会議
ソルベーかいぎ
The Solvay Conference on Physics

食塩からナトリウムを取出す工業的方法を発明し,富を得たベルギーの E.ソルベーの援助によって 1911年から物理学の未解決の困難な問題について討議することを目的として,ブリュッセルにおいて小人数で開催されている国際会議。最近では3年に1度ずつ開かれている。特に量子力学形成期原子核物理学の開花期には,その発展に大きく寄与した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ソルベーかいぎ【ソルベー会議 Solvay Conferences on Physics】

ドイツの物理化学者W.H.ネルンストの提案に基づいて,ベルギーの工業化学者E.ソルベーがスポンサーとなって発足した物理学の国際会議。第1回は1911年,〈放射の理論と量子〉をテーマにブリュッセルで開催された。この会議には,議長を務めたH.A.ローレンツのほか,M.プランク,A.アインシュタイン,A.J.ゾンマーフェルト,E.ラザフォード,M.キュリー,P.ランジュバン,H.ポアンカレなど約20人の当代一流の科学者が参集して,量子論の意義をめぐって熱心に討議した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ソルベーかいぎ【ソルベー会議】

ソルベー研究所が主催する物理学の国際会議。1911年の第一回以来、量子論および量子力学の形成期に、第一線の科学者に討議の場を与え、その形成と発展に大きな役割を果たした。第二次大戦後も、開催時における先端的な話題が討議され、物理学の発展に寄与している。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソルベー会議
そるべーかいぎ

物理学および化学に関する国際会議。ベルギーの工業化学者E・ソルベーは、量子論が提起した物理学上の基本的問題に関心をもち、問題解決に真に寄与しうる国際会議を提唱した。その提唱に基づき、1911年、ブリュッセルに、アインシュタイン、M・キュリー、ランジュバン、ラザフォードらの国際的に著名な物理学者が招待され、「輻射(ふくしゃ)理論と量子」をテーマに報告し、討論しあった。少人数による討論を重視する会議の形式はその後のソルベー会議を特徴づけるものとなった。第2回(1913)以降は、国際科学委員会を組織し、その委員会がテーマと招待者を決定するようになった。日本からは湯川秀樹(ひでき)、朝永(ともなが)振一郎、坂田昌一(しょういち)、佐藤文隆(ふみたか)がこれまでに招待されている。22年には化学に関するソルベー会議が開催されるようになった。ソルベー会議の経過は、ベルギー独立150周年を記念して開かれた第17回化学会議(1980)において報告されている。[慈道裕治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ソルベー会議の関連キーワードヨッフェ(Abram Fyodorovich Ioffe)アインシュタイン(年譜)エルンスト ソルヴェイポール ランジュバンシュレーディンガーソルベー研究所ド・ブロイ食塩

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android