コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソログープ ソログープFyodor Kuz'mich Sologub

5件 の用語解説(ソログープの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ソログープ(Fyodor Kuz'mich Sologub)

[1863~1927]ロシアの小説家・詩人。前期象徴派の代表者。幻想的・耽美(たんび)的作品を残した。小説「小悪魔」、戯曲「死の勝利」、詩集「碧い空」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ソログープ

ロシアの作家。前期象徴主義の詩人として出発,絶望と死の賛美,エロティシズムと耽美(たんび)主義の入りまじった作風をみせた。代表作に小説《小悪魔》1905年),《創造される伝説》(1914年)など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ソログープ【Fyodor Kuz’mich Sologub】

1863‐1927
ロシア・デカダン派の代表的な小説家,詩人。デカダン派のなかでは最年長で,貧困のなかで育ち,30歳を過ぎてから文壇に登場した。本格的な作家活動に入ったのは,長編小説《小悪魔》(1905)が大成功を収めてからである。彼の作品には,現実嫌悪,死への憧れ,悪魔主義サディズム見られるが,デカダン派の他の作家よりもはるかに感覚的で,そのために同時代の人々から〈生まれつきのデカダン詩人〉と呼ばれた。詩作品の特徴は,平明さと簡潔さと脚韻の明確さで,ロシア詩史上,重要な地位を占めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ソログープ【Fyodor Kuz'mich Sologub】

1863~1927) ロシアの小説家・詩人。前期象徴主義、いわゆるデカダン派の中心的作家。代表作「小悪魔」、詩集「炎の輪」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソログープ
そろぐーぷ
Фёдор Кузьмич Сологуб Fyodor Kuz'mich Sologub
(1863―1927)

ロシアの小説家、詩人。本名テテールニコフ。ペテルブルグの貧しい職人の子として生まれ、長く貧困と無名に苦しんだのち、長編小説『小悪魔』(1905)で一躍名声を得た。叙述のなかに超現実的な要素とエロティシズムとを取り入れた彼の小説手法には、ロシア散文芸術に伝統的な写実主義を脱しようとする意図がうかがわれる。詩ではあいまいな表現を嫌い、短く簡潔な形式のもとに、内容の象徴性を求めた。自由と美へのあこがれ、性と死の賛美という理想主義と悪魔主義との微妙な混交である彼の作品は、デカダン派の青年たちの人気を博し、象徴主義の代表者として影響力をもったが、革命後、失意のうちに世を去った。詩集のほか、戯曲『死の勝利』(1908)、小説『亡霊の魔術』(1908)が名高い。[沢崎洋子]
『青山太郎訳『小悪魔』(1972・河出書房新社) ▽昇曙夢訳『毒の園・死の勝利』(創元文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のソログープの言及

【児童文学】より


[旧ソ連邦]
 かつてロシアでは,A.S.プーシキンが民話に取材して《金のニワトリ》(1834)などを書き,エルショフP.P.Ershovが《せむしの小馬》(1834)を作り,I.A.クルイロフはイソップ風の寓話を,V.M.ガルシンは童話的な寓話を書いたが,いずれも権力に刃向かう声であった。F.K.ソログープは暗い影の多い不思議な小説を作り,L.N.トルストイはおおらかな民話と小品を発表した。革命後の新しい児童文学の父はM.ゴーリキーであったが,彼はとくに子どものものを書かずに,V.V.マヤコーフスキーやS.Ya.マルシャークやK.I.チュコフスキーにその実りをゆずった。…

※「ソログープ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ソログープの関連キーワード日活(株)中島名左衛門紀行文学戦争文学売られた花嫁ゲティスバーグ池内大学奥田万次郎河上弥市芹沢鴨

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ソログープの関連情報