コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイサンボク(泰山木) タイサンボクMagnolia grandiflora; bull bay

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイサンボク(泰山木)
タイサンボク
Magnolia grandiflora; bull bay

モクレン科の常緑高木。北アメリカ南部の原産で,日本には明治初期に伝えられ,公園や庭によく植えられている。樹高 30mに達し,枝は太く樹形が美しい。樹皮淡褐色で薄く,鱗状にはげる。葉は互生し,厚く大型の長楕円形全縁で表面に光沢があり,裏面には赤褐色の毛が密生する。初夏に,枝の先端に直径 15~20cmもの大型の白色花をつける。花は強い芳香を放ち,3枚の萼片が花弁状になり,さらに,普通6枚ある花弁は倒卵形で厚い。おしべは多数で花糸が紫色。果実は長さ 8cmほどの楕円体で緑白色の短毛におおわれ晩秋に熟する。成熟後心皮が開裂し赤色の種子を放出する。アメリカではこの葉をクリスマスの装飾に用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タイサンボク【タイサンボク(泰山木) evergreen magnolia】

庭園樹や街路樹として世界中で植えられているモクレン科の常緑高木(イラスト)。整形樹で40mに達する。葉は長楕円形で長さ10~25cm。厚く革質下面褐色の圧軟毛が密布する。晩春から初夏に咲く花は乳白色で大きく,直径15~20cm,芳香を放つ。心皮には黄白色の軟毛が密生する。北アメリカ南東部原産。常緑のモクレン属中で最も北に分布し耐寒性が強いため,冷温帯地域でも容易に栽培できる。日本では主に庭園樹として用いられ,洋種であるにもかかわらずハクモクレン同様,寺院にも植えられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android