コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイム・ラグ time lag

世界大百科事典 第2版の解説

タイム・ラグ【time lag】

経済学において,タイム・ラグとは,ある経済現象が起こったとき,それに対する反応が直ちに起こらず,ある時間を置いてから起こることをいう。タイム・ラグの重要な例としては,(1)D.H.ロバートソンが強調した消費ラグ(家計は所得が増加したとき,すぐには消費を増加させず,一定の時間がたってから増加させる),(2)E.ルンドバーグやL.A.メツラーが強調した生産のラグ(販売量の増加に対して,企業は当座は在庫を減らすことによって対処し,生産の増加はしばらくたってから行う),(3)投資計画と投資の実行の間のラグ(投資計画を立て機械等を発注しても,すぐには機械等の受渡しは行われないため,投資計画とその実現の間にはラグがある),等があげられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

タイム・ラグの関連キーワードデマンド=プル・インフレーションビルトイン・スタビライザーファイン・チューニングロバートソンタイム・ラグくもの巣理論CLS銀行金本位制度中立貨幣景気予測経済学

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android