コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タインホア タインホア Thanh Hoa

3件 の用語解説(タインホアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タインホア
タインホア
Thanh Hoa

ベトナム北部,タインホア省の省都。首都ハノイの南約 130km,バクボ (トンキン) 湾に注ぐマ川の最下流部右岸に位置する。周辺の肥沃な農業地帯に産する米,家畜などの集散地。近年,付近に埋蔵されるクロム,リンなどを原料とする工業が盛んとなり,製材工場火力発電所なども立地し,新しい工業地区が形成されつつある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

タインホア【Thanh Hoa】

ベトナム北部の都市。人口8万5000(1989)。トンキンのソンコイデルタの南にあるタインホア・デルタの中心をなし,ハノイの南150kmに位置する。このデルタはマ川とチュー川の合流により形成され,トンキン・デルタに比し面積は小さいが(約1万5000km2),古くから堤防を築いて洪水を防ぎ,肥沃な土壌を利用してよく開かれ,人口稠密であった。ベトナム史の上でも重要で,15世紀にはレ(黎)朝,16世紀にはクアンナム(広南)朝のそれぞれ発祥の地となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タインホア
たいんほあ
Thanhhoa

ベトナム北部、タインホア省の省都。首都ハノイの南145キロメートル、タインホア・デルタのマ川とチュ川の合流点近くに位置する。人口10万6200(2003推計)。古くから米を主とする農産物の集散地として発展し、ハノイ―ホー・チ・ミン市間の鉄道と国道1号線が通じる。東方20キロメートルのサムソンは保養地として知られる。タインホア省は良質のクロム鉱の産地で、埋蔵量は1000万トンといわれる。また考古学的遺跡や前黎(ぜんれい)朝、後黎朝、阮(げん)朝の発生地としての歴史的遺物も多い。[菊池一雅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タインホアの関連キーワードサムヌアタイグエンタイニンナムディンバクニンバンメトートアグラアスナムエルアスナムベトナム共和国

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タインホアの関連情報