コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タインホア Thanh Hoa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タインホア
Thanh Hoa

ベトナム北部,タインホア省省都。首都ハノイの南約 130km,バクボ (トンキン) 湾に注ぐマ川の最下流部右岸に位置する。周辺の肥沃な農業地帯に産する米,家畜などの集散地。近年,付近に埋蔵されるクロム,リンなどを原料とする工業が盛んとなり,製材工場火力発電所なども立地し,新しい工業地区が形成されつつある。伝統的な水がめの産地としても知られる。ベトナム戦争中,アメリカ合衆国空軍の爆撃をしばしば受け,大きな損害をこうむった。交通の要地で,ハノイと南部のホーチミン市を結ぶトンニャット鉄道および国道1号線が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タインホア【Thanh Hoa】

ベトナム北部の都市。人口8万5000(1989)。トンキンのソンコイ・デルタの南にあるタインホア・デルタの中心をなし,ハノイの南150kmに位置する。このデルタはマ川とチュー川の合流により形成され,トンキン・デルタに比し面積は小さいが(約1万5000km2),古くから堤防を築いて洪水を防ぎ,肥沃な土壌を利用してよく開かれ,人口稠密であった。ベトナム史の上でも重要で,15世紀にはレ(黎)朝,16世紀にはクアンナム(広南)朝のそれぞれ発祥の地となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タインホア
たいんほあ
Thanhhoa

ベトナム北部、タインホア省の省都。首都ハノイの南145キロメートル、タインホア・デルタのマ川とチュ川の合流点近くに位置する。人口10万6200(2003推計)。古くから米を主とする農産物の集散地として発展し、ハノイ―ホー・チ・ミン市間の鉄道と国道1号線が通じる。東方20キロメートルのサムソンは保養地として知られる。タインホア省は良質のクロム鉱の産地で、埋蔵量は1000万トンといわれる。また考古学的遺跡や前黎(ぜんれい)朝、後黎朝、阮(げん)朝の発生地としての歴史的遺物も多い。[菊池一雅]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

タインホアの関連キーワードチャン・フンダオチャン・フンダオレ・カ・フュードンソン文化ドンソン遺跡レ・ホアンシーニェプ赤タイ族胡朝城塞レ・ロイマク氏呉朝黎利ビンレ朝

タインホアの関連情報