タウンゼンド(子)(読み)タウンゼンド[し](英語表記)Townshend, Charles Townshend, 2nd Viscount

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タウンゼンド(子)
タウンゼンド[し]
Townshend, Charles Townshend, 2nd Viscount

[生]1674
[没]1738.6.21. ノーフォーク,レイナム
イギリスの政治家,農業技術改良家。 1687年子爵を継ぎ,トーリー党の環境に育ったがホイッグ党を支持し,R.ウォルポールの妹ドロシーと結婚。ウォルポールに協力し,1714~16,21~30年国務相をつとめた。その間おもに外交を担当し,特に 25年オーストリア,スペインに対抗してイギリス,フランス,プロシアを結束させたハノーバー同盟によって知られる。 30年ウォルポールと対立して政界を去ってから農業技術改良に専心かぶの栽培を導入してノーフォーク式4輪作農法の改善と普及に努力し,「かぶのタウンゼンド」とあだ名された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる