コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タカサゴ Caesio chrysozonus

2件 の用語解説(タカサゴの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タカサゴ【Caesio chrysozonus】

スズメ目フエダイ科の海産魚。従来,タカサゴ属を分けて1科としていたが,科とするほどの違いはないとして,現在はフエダイ科に入れられている。熱帯性で,西部太平洋からインド洋に広く分布する。南日本で見られるが,伊豆諸島小笠原,沖縄に多く,沖縄ではグルクンの名で親しまれ,県魚に指定されている。追込網の主対象である。タカサゴは東京,小田原の呼名であるが,ハナムロ(紀伊,長崎),アカムロ(高知,紀伊)などの名もあるように,ムロアジを思わせる体型だが,もう少し太い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タカサゴ
たかさご / 高砂
[学]Caesio diagramma

硬骨魚綱スズキ目フエダイ科に属する海水魚。八丈島鹿児島県以南、台湾、東南アジア、インド洋に分布する。体は長楕円(だえん)形で、体幅はやや広い。目はやや大きく、吻(ふん)は短い。口は小さく斜位で、眼下幅は狭い。上下両顎(りょうがく)に一列の円錐歯(えんすいし)とその内側に絨毛(じゅうもう)状歯がある。全長30センチ。体は背部が紫赤色、腹部が淡紅色。体側には2条の幅広い黄色縦帯がある。背部のものは背面に、腹部のものは目の上方から尾柄(びへい)後端上部に至る。背びれは赤褐色、ほかのひれは淡紅色。尾びれ両葉の先端にはそれぞれ1個の黒斑(こくはん)がある。潮通しのよい沖合いの瀬や離島周辺の深い30~50メートルの層に大群をなして遊泳する。追込み網、刺網(さしあみ)などで漁獲される。淡紅色の肉で淡泊な味をもち、刺身、煮つけ、焼き物などで広く賞味される。南西諸島では漁民にもっとも愛好される魚の一つで、漁獲量も多く、産業的に重要な魚である。沖縄ではグルクンといい、県を代表する魚に選ばれている。[赤崎正人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タカサゴの関連キーワードアコウダイマダイ空雀鯛笛鯛笛吹鯛アカアマダイアサヒダイイトヨリゴウシュウマダイソコイトヨリ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タカサゴの関連情報