コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タカサブロウ Eclipta prostrata; American false daisy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タカサブロウ
Eclipta prostrata; American false daisy

キク科の一年草水田湿地に生え,世界各地の熱帯暖帯に広く分布する。は分枝し,高さ 30cm内外で,直立または横に伏し,赤色を帯びる。葉は対生し,長さ3~10cmの披針形で短い剛毛がありざらつく。夏から秋にかけて,枝先に径約 1cmの頭状花をつける。周辺に2列の白色舌状花があり,中心部は淡緑色の管状花から成る。果実の先に粘液を分泌し,他物に粘着して散布される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

タカサブロウ

キク科の一年草。本州〜沖縄,世界の暖〜熱帯に広く分布し,水田や湿地にはえる。全体に短い剛毛があり,茎は高さ10〜60cm,披針形の葉を対生する。頭花は白い舌状花と淡緑色の筒状花からなり,径1cm内外,7〜9月開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タカサブロウ【Eclipta prostrata (L.) L.】

世界の熱帯,亜熱帯に広く分布し,日本では本州北部でも見られるキク科の一年草(イラスト)。水田や湿地,溝などに生える。茎は直立するものから地をはうものまである。直立するものでは高さ60cmに達する。地をはうものでは,ところどころから根を出す。葉は長さ3~10cm,幅0.5~2.5cmで,披針形から楕円形まであり,対生する。縁に低い鋸歯がある。茎とともに短い剛毛があって,両面はざらつく。花は7~9月,舌状花と筒状花とからなる頭花である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タカサブロウ
たかさぶろう / 高三郎
[学]Eclipta prostrata (L.) L.

キク科の一年草。茎はよく分枝し、地をはうものから直立するものまである。葉は対生し、茎とともに短い剛毛があってざらつく。7~9月、枝先の葉腋(ようえき)に数センチメートルの花柄を伸ばし白色の頭花をつける。頭花は舌状花と管状花からなり、ともに結実する。舌状花冠は細く、管状花冠は先が4裂する。沖縄から本州の水田や湿地、都会の溝などに生え、熱帯、亜熱帯に広く分布する。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

タカサブロウの関連キーワード耆婆三礼草ニコチン一夜草三廉草鼬草管状鰻殺鰻出鰻攫鰻掴

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android