コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タカネバラ

2件 の用語解説(タカネバラの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

タカネバラ

タカネイバラとも。本州中部や四国の高山にはえるバラ科の落葉低木。枝には細いとげがある。葉は羽状複葉で,小葉は7〜9枚あって薄く無毛。初夏,短い枝の先端に淡紅色で径3〜4cmの5弁花を開く。
→関連項目ノイバラバラ(薔薇)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タカネバラ
たかねばら / 高嶺薔薇
[学]Rosa nipponensis Crpin

バラ科の落葉低木。高山に自生し、蛇紋岩、石灰岩火山岩などにも自生する。樹高30~40センチメートル、枝は細く紅褐色で、直角に細枝が出る。刺(とげ)はまっすぐで細い。葉は6~8センチメートル、光沢は少なく、表面は緑色で無毛、裏面は白色を帯びた緑で、主脈上に伏毛または刺毛がある。小葉の数は7または9枚で、長楕円(ちょうだえん)形、先端は鈍く丸くとがり、縁(へり)には鋸歯(きょし)があり、葉軸に刺毛または腺毛(せんもう)がある。6~7月、小枝の先に1、2個の花を開く。小花柄は3センチメートルで腺がある。萼筒(がくとう)は無毛で長楕円形、萼片は細く、先は葉状になることが多く、短い軟毛がある。花は淡紅または紫紅色を帯び、直径3.5~4センチメートル、花弁は5枚で広倒卵形、凹頭である。雄しべは濃黄色で、花柱に毛があり、花に香りがある。果実は紡錘形で長く、1.5センチメートル、濃紅色で照りがあり美しい。中部地方より北の高山、四国(剣山(つるぎさん))に自生する。ヨーロッパのものはきわめて大形となる。近縁のオオタカネバラ(オオミヤマバラ)Rosa acicularis Lindleyは高さも葉も花も全体にタカネバラより大形で、タカネバラの染色体数2n=14に対しこれは倍数体である。東北地方、北海道、樺太(からふと)(サハリン)、朝鮮半島、中国東北部、シベリア、カムチャツカに分布する。[鈴木省三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のタカネバラの言及

【ノイバラ】より

…そのほか,低地に生えて花の大きいものにヤマイバラR.sambucina Koidz.があり,本州中部地方南部から九州まで分布するが,多くない。以上は,花の白い野生バラであるが,紅色の花が咲くもののなかには,高山に生えるオオタカネバラR.acicularis Lindl.と,その変種のタカネバラvar.nipponensis Koehneがあり,前者は北海道と本州中北部に,後者は本州中部と四国の山地に分布する。サンショウバラR.hirtula Nakaiは,名のごとく葉がサンショウに似ており,やはり淡紅色の花を開き,野生のバラとしては分布範囲が狭く,神奈川,山梨および静岡県に生じ,箱根のあたりではよく目につく。…

※「タカネバラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タカネバラの関連情報