コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タカネヒカゲ タカネヒカゲ Oeneis norna

3件 の用語解説(タカネヒカゲの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タカネヒカゲ
タカネヒカゲ
Oeneis norna

鱗翅目ジャノメチョウ科。前翅長 22mm内外。翅の地色は黄褐色で翅表の斑紋は変異が多い。裏面には細かい複雑な斑紋がある。ジャノメチョウ科 (→ジャノメチョウ ) に特有の眼状紋は黒点として認められるが,不明瞭なものが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

タカネヒカゲ

鱗翅(りんし)目ジャノメチョウ科の1種。ジャノメチョウ科はタテハチョウ科の1亜科とする場合もある。開張48mm内外,暗褐色で外縁の灰黄帯中に黒紋がある。後翅裏面には砂礫(されき)に似た模様がある。
→関連項目高山チョウ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タカネヒカゲ
たかねひかげ / 高嶺日陰蝶
norse grayling
[学]Oeneis norna

昆虫綱鱗翅(りんし)目ジャノメチョウ科に属するチョウ。現在はいちおう標記の種とされているが、この類の分類は不完全で日本産のものは標記の種とは別種である可能性も残されている(別種の場合にはその学名はOeneis asamanaとなる)。本州中部の北アルプスと八ヶ岳(やつがたけ)の高山帯に産するが、本種は日本産チョウ類のなかでもっとも高山性のもので、その分布の下限は標高2500メートルを下ることがない。種nornaはラップランド、アルタイ山脈、タルバガタイ山脈、北アメリカ寒冷地など北極をめぐる地域に分布し、周極種として知られる。はねの開張48ミリメートル内外。成虫の出現期は7~8月(7月下旬ごろが最盛期)、本種は1世代の完了に足掛け3年を要するもので、1年目の冬は3齢(または2齢)幼虫で、2年目の冬は5齢幼虫で越し、3年目に羽化出現する。幼虫の食草はヒメスゲ、イワスゲなどのカヤツリグサ科植物である。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タカネヒカゲの関連キーワードダイセツタカネヒカゲ木の間蝶蛇の目蝶日陰蝶キマダラヒカゲ東雲町コジャノメコノマチョウ(木の間蝶)ジャノメチョウ(蛇の目蝶)ヒメジャノメ(姫蛇の目)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タカネヒカゲの関連情報