飛驒山脈(読み)ひださんみゃく

世界大百科事典 第2版「飛驒山脈」の解説

ひださんみゃく【飛驒山脈】

本州中央部の山岳地帯北部にあり,いわゆる日本アルプスの主部で,北アルプスとも呼ばれる山脈。日本海沿岸の親不知(おやしらず)付近から急激に高度増し,新潟,富山長野,岐阜の4県にまたがって続く大山脈である。南北の延長約70km,東西の幅約25kmで,標高奥穂高岳の3190mを最高に3000m級のが並ぶ。1934年,中部山岳国立公園に指定された。 飛驒山脈の東側は,本州を東北日本と西南日本に二分するフォッサマグナと呼ばれる大地溝帯に断層性の急斜面を向けて落ち込み,西側にはやや高度を下げて連続する飛驒高地が続く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android