コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タカノツメ

百科事典マイペディアの解説

タカノツメ

ツメクサ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タカノツメ【Evodiopanax innovans (Sieb.et Zucc.) Nakai】

山地の二次林に普通にみられるウコギ科の落葉高木(イラスト)。樹皮は灰白で平滑,材は白くて軟らかい。枝には短枝が発達する。葉は長枝では互生するが,短枝の先に数枚集まって束生し,3小葉で葉柄があり,小葉には鋸歯がなく,秋になると黄白色に色づいて落葉する。花は夏,短枝の先に出る数個の球状の散形花序につき,小型で淡緑色。花弁は5枚,長さ約2.5mm。おしべは5本。子房は下位で2花柱がある。果実は球形で秋に黒く熟し,馬に食べられて種子を散布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タカノツメ
たかのつめ / 鷹の爪
[学]Evodiopanax innovans (Sieb. et Zucc.) Nakai

ウコギ科の落葉小高木。高さ12メートル、直径60センチメートルに達し、幹、小枝ともに灰褐色で、刺(とげ)がない。葉は三出複葉で、長さ5~15センチメートル、小葉には細かい鋸歯(きょし)があり、長さ5~12センチメートルの長い葉柄がある。花は5~6月、短枝の先から出た複散形花序につき、淡黄緑色。果実は核果、球形、径約5ミリメートルで黒く熟す。北海道から九州に分布する日本特産種で、山地に普通に生える。名は、冬芽がタカのつめに似ているためとされるが、葉の形がそれに似るためとする説もある。材は箱、杓子(しゃくし)、箸(はし)、扇の骨などに用いられるが、折れやすい。材がいものように柔らかいため、イモノキの名もある。若芽は山菜として食べられる。タカノツメ属は東アジア特産で、日本と中国にそれぞれ1種ずつある。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

タカノツメの関連キーワード唐辛子・唐芥子・蕃椒タカノツメ(鷹の爪)カプサイシンチリペッパー雄之万年草トウガラシイモノキタバスコ香川本鷹爪草芋木棒楤経木

タカノツメの関連情報