コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タカノツメ

3件 の用語解説(タカノツメの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

タカノツメ

ツメクサ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

タカノツメ【Evodiopanax innovans (Sieb.et Zucc.) Nakai】

山地の二次林に普通にみられるウコギ科の落葉高木(イラスト)。樹皮は灰白で平滑,材は白くて軟らかい。枝には短枝が発達する。葉は長枝では互生するが,短枝の先に数枚集まって束生し,3小葉で葉柄があり,小葉には鋸歯がなく,秋になると黄白色に色づいて落葉する。花は夏,短枝の先に出る数個の球状の散形花序につき,小型で淡緑色。花弁は5枚,長さ約2.5mm。おしべは5本。子房は下位で2花柱がある。果実は球形で秋に黒く熟し,馬に食べられて種子を散布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タカノツメ
たかのつめ / 鷹の爪
[学]Evodiopanax innovans (Sieb. et Zucc.) Nakai

ウコギ科の落葉小高木。高さ12メートル、直径60センチメートルに達し、幹、小枝ともに灰褐色で、刺(とげ)がない。葉は三出複葉で、長さ5~15センチメートル、小葉には細かい鋸歯(きょし)があり、長さ5~12センチメートルの長い葉柄がある。花は5~6月、短枝の先から出た複散形花序につき、淡黄緑色。果実は核果、球形、径約5ミリメートルで黒く熟す。北海道から九州に分布する日本特産種で、山地に普通に生える。名は、冬芽がタカのつめに似ているためとされるが、葉の形がそれに似るためとする説もある。材は箱、杓子(しゃくし)、箸(はし)、扇の骨などに用いられるが、折れやすい。材がいものように柔らかいため、イモノキの名もある。若芽は山菜として食べられる。タカノツメ属は東アジア特産で、日本と中国にそれぞれ1種ずつある。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タカノツメの関連キーワード磯蟹黄蝶五加血吸蛭蔓梅擬赤山蟻北栗鼠挙尾虫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タカノツメの関連情報