コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タケシマラン Streptopus streptopoides var. japonicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タケシマラン
Streptopus streptopoides var. japonicus

ユリ科の多年草で,本州の中部および北部の亜高山帯針葉樹林に下草として生じる。地下に長い根茎が走り,高さ 20~50cmの細い茎を出し,2~3回枝分れする。葉は長さ5~10cmの広楕円形で全縁,先はとがる。茎の基部は鞘状にはならない。初夏に,各葉腋に1個ずつ黄緑色の6弁の小花をつける。花柄は細く,1つ上の葉の基部近くまで茎に癒着したうえ,そこで茎から離れて垂れ下がる。果実は球形の液果で赤く熟する。分類学上,本種の母種とされるヒメタケシマラン S. streptopoidesは東アジアの冷温帯に広く分布する種で,背丈は 15~30cmと低く,ほとんど枝分れしない。また葉の縁に細い柱状の突起があり,日本では北海道の針葉樹林中に生じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タケシマラン【twisted‐stalk】

亜高山帯の針葉樹林の林床に多いユリ科の多年草(イラスト)。近縁種オオバタケシマランS.amplexifolius (L.) DC.var papillatus Ohwiとともに,本州中部以北,北海道に分布する。オオバタケシマランには花柄の中央部が,くの字形に屈曲するという変わった性質がある。英名twisted‐stalkや中国名扭柄花(ちゆうへいか)は,この性質にちなんだものである。茎は高さ25~35cmで,しばしば二叉(にさ)状に分枝する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タケシマラン
たけしまらん
[学]Streptopus japonicus Maxim.

ユリ科の多年草。地下を横走する根茎の節からは多数のじょうぶな根を出す。茎は高さ20~35センチメートル、しばしば1、2枝を叉(さ)状に分かつ。茎の上部には毛状の突起がある。葉は卵形または卵状披針(ひしん)形、先は鋭くとがり、基部は円形で無柄。長さ4~9センチメートル、縁(へり)にはまれに微小な突起がある。花期は6月。葉腋(ようえき)から出た長さ1~2センチメートルの細い糸状の花柄の先端に淡赤褐色の花を1個下垂してつける。液果は径約7ミリメートルの球形で、赤く熟す。中部地方以北の本州の針葉樹林内に生育する。[河野昭一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例