タスマニア島(読み)タスマニアとう(英語表記)Tasmania

翻訳|Tasmania

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タスマニア島
タスマニアとう
Tasmania

オーストラリア大陸の南にバス海峡をへだてて連なる島。タスマニア州の主島。面積6万 4408km2。かつては大陸と一体となっていたが後氷期海進で分離し,バス海峡が形成され,島となったとされている。 A. J.タスマンによる発見 (1642) 以来,初期の航海者たちは長い間大陸の一部と信じており,島であることを確認したのは 1798年であった。初めはファンディーメンズランドと命名され,公式には 1856年までこの呼称が残っていた。島の西部は高地で,西風を受けて降水量が多く森林が発達。中央部の高原には湖が発達し,主要な河川が北東および南東へ流出,水力発電の水源となり,下流に河谷を形成している。西部は鉱産資源開発のほかは一般に未開発。農牧土地利用は北部と南東部にみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タスマニア島
たすまにあとう
Tasmania

オーストラリア大陸の南東沖合いにある島。周辺の島々を含めてタスマニア州を構成する。島の面積は6万4400平方キロメートル。1642年オランダ人タスマンが来航しファン・ディーメンスラントVan Diemenslandt(英語名バン・ディーメンズ・ランドVan Diemen's Land)と命名。1798年にイギリスの探検家G・バスおよびフリンダーズが島であることを確認した。1820年代から現島名が使われ始めた。[谷内 達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タスマニア島の関連情報