責任内閣制(読み)せきにんないかくせい(英語表記)parliamentary cabinet system

旺文社世界史事典 三訂版「責任内閣制」の解説

責任内閣制
せきにんないかくせい
parliamentary cabinet system

議会,特に下院で多数を占める政党党首内閣を組織し,国民に対する政治上の責任を議会を通じて行う制度議院内閣制ともいう
18世紀のイギリスにおいて,英語を理解しないジョージ1世に代わって,1721年ウォルポールの組閣した内閣が閣議を主催して政治を主導したのに始まる。1742年ウォルポール内閣の総辞職以後,イギリス議会政治の慣習となる。19世紀以後,多くの国の政治制度に取り入れられた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

百科事典マイペディア「責任内閣制」の解説

責任内閣制【せきにんないかくせい】

議院内閣制のもとで,内閣が議会,とりわけ下院(日本では衆議院)の信任の有無を進退の条件とし,常に全大臣が連帯して責任を負う制度。内閣が議会から独立している大統領制超然内閣とは異なる。
→関連項目内閣(日本)内閣(中国)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「責任内閣制」の解説

せきにん‐ないかくせい【責任内閣制】

〘名〙 内閣の存立が、議会の信任を得ることを必須条件とする制度。責任内閣。議院内閣制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の責任内閣制の言及

【議院内閣制】より

…そのような個々の大臣についての弾劾手続から出発して,しだいに,弾劾を避けるために議会の支持を失った大臣はみずから辞職するようになった。同時に,大臣たちが共通の政策を基礎として行動するところから,議会に対する内閣としての連帯的政治責任という原則(責任内閣制)ができあがってくるのである。その際,君主の手になんらかの実質権能がのこっている段階では,君主と民選議院の二元的な対抗状況を前提とし,内閣はその両者に責任を負う。…

※「責任内閣制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android