コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タビラコ

4件 の用語解説(タビラコの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

タビラコ

コオニタビラコとも。キク科の二年草。本州〜九州,東アジアの暖帯に分布し,田などにはえる。ちぎると白汁を出す。根出葉は羽状複葉ロゼット状に広がる。花茎は斜上し,少数の葉をつけ,高さ10〜25cm。
→関連項目ホトケノザ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

タビラコ【Lapsana apogonoides Maxim.】

稲作の間隙(かんげき)をぬい,冬季の水の落ちた田に生えるキク科の小型の二年草(イラスト)。本州~九州,朝鮮,中国に分布する。コオニタビラコとも呼び,春の七草ホトケノザは本種であるという人もいる。羽状に分裂した葉が,田の面ロゼットをなして生育するようすから〈田平子〉とよばれる。中国名の稲槎菜は,稲の刈り跡に生える草を意味する。切ると白い乳液が出る。4~5月ころ,10cmほどの花茎が斜上し,径7mmほどの小さな黄色の頭花をまばらにつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タビラコ
タビラコ

コオニタビラコ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タビラコ
たびらこ / 田平子
[学]Lapsana apogonoides Maxim.

キク科の二年草。稲作の合間を縫い、水の落ちた田に生える。春の七草のホトケノザは本種であるといわれる。羽状に分裂した葉がきれいなロゼットをなし、そのようすから田平子と名づけられた。コオニタビラコともいう。切ると乳液が出る。4~5月ごろ10センチメートルほどの花茎を斜めに伸ばし、径7ミリメートルほどの小さな黄色の頭花をまばらにつける。頭花は舌状花のみからなり、朝開き夕方閉じ、結実すると下を向く。痩果(そうか)には冠毛がなく、先端に小突起がある。本州、九州、朝鮮半島、中国に分布する。若葉を摘み、ゆでて食用とする。なお、ムラサキ科のキュウリグサをタビラコとよぶこともある。[森田龍義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のタビラコの言及

【オニタビラコ(鬼田平子)】より

…現在は人為的に攪乱(かくらん)された場所に多いが,もともとは崩壊地の植物らしい。和名は大型な田平子(たびらこ)を意味するが,普通タビラコと呼ばれるコオニタビラコとは属が異なる。若菜は食用になるが苦い。…

※「タビラコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タビラコの関連キーワードカッシーニの間隙細胞間隙間隙間隙を縫う火花間隙バンド間隙間隙比混和間隙間隙セメント間隙率

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タビラコの関連情報