コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タライ Tarai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タライ
Tarai

別称テライ Terai。ヒマラヤ山脈南縁に沿って延びる広大な湿潤地帯。西はジャムナ川上流,東はブラマプトラ川に限られ,ネパール南部,インドウッタルプラデーシュ州ビハール州,ウェストベンガル州北部,バングラデシュ北部を占める。タライとは「湿地」の意で,かつてはヒマラヤ山脈南縁に発する多くの湧水が湿原を形成。北部では密林も発達,ゾウ,トラ,ヒョウなどが生息していたが,現在は河川改修による耕地化が進み,かつての面影を残す部分は少くなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

タライ

インドとネパールの国境部に東西に延びる沼沢性低地。シワリク丘陵南側沿いに幅30〜50km広がる亜熱帯性の密林地帯。海抜100〜600m。米,ジュートなどを産する。
→関連項目ネパールルンビニー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タライ【Tarai】

インド亜大陸北方,ヒマラヤ山脈最南端部のシワリク丘陵南麓沿いに,ネパールとインドの国境部を幅30~50kmで東西にのびる沼沢性低地。テライTeraiとも呼ばれる。かつてはサラソウジュをはじめとする亜熱帯性樹木の密林で覆われ,トラ,ヒョウ,インドサイなど大型野生獣の生息地として知られた。南西モンスーンによる多雨のため,とりわけ夏の雨季にはマラリアをはじめとする諸悪疫の汚染地となった。ネパールが独立を保ちえたのは,タライの密林と悪疫がインド側からの侵入を阻止したのに一因がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のタライの言及

【ネパール】より


【自然,地誌】
 国が東西に長いため東部では年間降雨量が2000mm近くの場所があるのに対し,西部では1000mmを割り,またモンスーンのもたらす雨がほとんどヒマラヤ山脈南面に降るなど,乾湿の地域差が大きい。同様に大きいのが高度差で,ヒマラヤ山脈の最高所は8000mを超え,一方,南のタライでは60~200m程度となる。主要水系には東からコシ,ガンダキ,カルナリがあり,チベットや北ネパールからヒマラヤを切る形で南流し,ヒマラヤ南面に東西に広がるマハーバーラト山脈(最高約3000m)地域で東西に流れ,南部のシワリク丘陵を切ってまた南流する。…

【ヒマラヤ[山脈]】より

…小ヒマラヤとシワリク丘陵の間は,ヒマラヤを横切って流れ出た大河川の堆積で埋まり,自然林や野生動物の残る,人口の少ない地帯となっている。シワリク丘陵の南ろくには,タライ,東部ではサンスクリットで〈門〉を意味するドゥアールと呼ばれる帯状の平地がひろがる。かつて暑熱湿潤の地として,亜熱帯の森林におおわれ,人間の居住を妨げていたが,近年開拓が進んでいる。…

※「タライ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タライの関連キーワードQuickDraw 3Dアクセラレーター天川村みのずみオートキャンプ場ロイヤルロイヤル・チトワン国立公園リバイタリゼーション仏陀の生誕地ルンビニラスタライゼーションモータリゼーションビハール[州]ビラートナガルビラトナガールラスタライザーネパール友愛党ネパールガンジカピラバストゥグルカー戦争ロヒルカンドマンナール島ドゥアールスネパール戦争

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タライの関連情報