コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンギー Tanguy, Yves

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タンギー
Tanguy, Yves

[生]1900.1.5. パリ
[没]1955.1.15. コネティカット
フランス生れのアメリカ画家海軍軍人の子に生れ,商船乗組員として各国を回っていたが,パリの画廊で G.キリコの作品を見て感銘し,独学で絵を修得した。 1925年シュルレアリスムのグループに入って活躍。化石の群れを思わせる物体を砂漠や深海に置いたような不可思議な空間を描いた。 39年第2次世界大戦を避けてアメリカに移住,48年国籍を得た。夫人はシュルレアリストのケイ・セージ。主要作品『弧の増殖』 (1954,ニューヨーク近代美術館) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

タンギー(Yves Tanguy)

[1900~1955]フランス生まれの画家。のち米国に帰化。茫洋(ぼうよう)とした無限空間に有機的形態の奇妙な物質を配した、非現実的な独自の画風で、シュールレアリスムの代表的画家の一人となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

タンギー

フランスのシュルレアリスム画家。パリ生れ。船員生活を送ったのち,1923年キリコの絵に感動して画家を志し,シュルレアリスムの運動に参加。非現実的形象を夢幻的空間に配置し,具象画風に描く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タンギー【Yves Tanguy】

1900‐55
シュルレアリスムの代表的な画家。パリに生まれ,幼年時代を北フランスのブルターニュ地方ですごす。船員見習として世界各地を航海したのち,1923年パリでキリコの絵から衝撃をうけ,独学で絵を描きはじめる。茫漠たる空間に心霊的な幻像を精妙に描く。無機的とも有機的ともつかぬ神秘的な画面が特徴。39年第2次大戦の災禍を避けて渡米。コネティカット州ウッドベリーで没。【岡田 隆彦】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

タンギー【Yves Tanguy】

1900~1955) アメリカに帰化したフランス生まれの画家。夢幻的な画風でシュールレアリスムの代表作家となる。代表作「夏の四時、希望」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タンギー
たんぎー
Yve Tanguy
(1900―1955)

フランス出身の画家でシュルレアリスムを代表する一人。1月5日パリに生まれ、幼年期をブルターニュ地方で過ごし、10代で船員として各地を航海した。その後、兵役を終えて1924年にパリに出るが、画廊で偶然目にしたデ・キリコの形而上(けいじじょう)絵画に衝撃を受け、独学で絵画の道を志した。シュルレアリスムの芸術家との交流を深め、27年に最初の個展をパリで開いて、この運動の一翼を担う有力メンバーとなった。砂漠か海底を連想させる茫洋(ぼうよう)たる無限空間に、奇異な物体が投げ出されて地表に濃い影を投げる幻想的作風を展開した。風化した骨か貝殻の化石に似て有機的な形態をもつこの物体は、現実との対応をもたず、荒涼とした内面の心象風景のなかで増殖を続ける。39年アメリカに移住、42年には市民権を得てこの地の前衛芸術家に影響を与えたが、55年1月15日、最後の大作『孤の増殖』を残してコネティカット州ウッドベリーで没した。[石崎浩一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

タンギーの関連キーワードミシェル・デル カスティーヨペール・タンギータンギー爺さんブラジル音楽ロダン美術館フラメンコベルメール現代美術ゴーキーセザンヌ

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タンギーの関連情報