コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タン・マラカ タンマラカ

百科事典マイペディアの解説

タン・マラカ

インドネシアの革命家。西スマトラのイスラム教徒の家に生まれ,1913年,オランダに留学。第1次世界大戦とロシア革命の激動を目にして社会主義と植民地解放思想に共感。
→関連項目ムソ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タン・マラカ
たんまらか
Sutan Ibrahim Gelar Datuk Tan Malaka
(1896―1949)

インドネシアの革命家、思想家。西スマトラに生まれる。1913~1919年オランダに学んだ。1921年ジャワ島中部北岸のスマラン市に移り共産党に入党、頭角を現したが、翌1922年逮捕、国外追放に処された。この年から20年間、中国、東南アジア、ヨーロッパ、ソ連などを舞台として、波乱と謎(なぞ)に満ちた国外生活が続いた。1942年ひそかにジャワへ戻り、1945年再度政治舞台に登場、「100パーセントの独立」を獲得すべく「闘争同盟」を結成し、反スカルノ、反シャフリルの立場を貫いた。投獄と釈放の生活を繰り返したが、1949年2月殺害された。多くの著書を残している。[土屋健治]
『タン・マラカ著、日野遼一訳『大衆行動――インドネシア共和国への道』(1975・鹿砦社) ▽押川典昭訳『牢獄から牢獄へ――タン・マラカ自伝』全2巻(1979、1981・鹿砦社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

20世紀西洋人名事典の解説

タン・マラカ
Tan Malaka


1897 - 1949
インドネシアの思想家,革命家。
西スマトラ生まれ。
別名Sutan Ibrahim Gelar Datuk Tan Malaka。
1913〜19年オランダに留学、その間社会主義へ傾倒し祖国解放を志す。帰国後教員を経て共産党に入党、’21年同党議長となり反植民地闘争を指導、翌年逮捕され国外追放。’42年帰国するまでソ連、中国、東南アジア等で活動し’45年独立宣言後に政治活動を再開、闘争同盟を結成し反スカルノ、反シャフリルの立場で独立闘争を指導。’49年ゲリラ戦中に死亡。著書に「大衆行動」、「唯物論・弁証法・論理学」、自伝「牢獄から牢獄へ」等多数あり。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

タン・マラカの関連キーワードインドネシア共産党アダム・マリクコミンテルン押川典昭アリミン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android