コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイカスト ダイカスト

デジタル大辞泉の解説

ダイ‐カスト

die castingから。「ダイキャスト」とも》金属製の精密な鋳型の中に、溶かした合金を圧力をかけて流し込み鋳造する方法。普通鋳物より寸法精度が高く、大量生産ができる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ダイカスト

精密につくられた金型(ダイス)に,水圧や圧縮空気により溶融金属を加圧注入して,金型の内容積と正確に一致する鋳物を得る精密鋳造法。鋳肌(いはだ)が平滑で,機械加工を必要とせず,同一規格の製品の多量生産が可能などの特長がある。
→関連項目亜鉛塑性加工リョービ[株]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ダイカスト【die casting】

精密な金型(ダイス)に溶融金属を高圧で圧入し,寸法精度の高い,鋳肌のきれいな鋳物を作る方法。この呼称は日本およびアメリカでのもので,イギリスではこの方法を圧力金型鋳造pressure die castingといい,普通の金型鋳造は重力金型鋳造gravity die castingといっている。ダイカストの原理は図のように,(1)溶融金属をシリンダー内に導き,(2)これを高速で鋳型内に圧入して凝固させ,(3)型を開いて,製品を取り出す,という手順で示すことができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ダイカスト

溶かした金属を、圧力をかけて金属製の鋳型に注入する鋳造法。良質・精密な製品ができ、大量生産に適する。ダイキャスト。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダイカスト
だいかすと
die cast

金型に溶融金属を加圧注入して凝固させる鋳造法。寸法精度が高く、鋳肌が滑らかで機械加工仕上げを省略できる。寸法精度は鉛合金、亜鉛合金で0.03%、アルミニウム合金で0.05%程度であり、この意味では精密鋳造法の一つである。つくりうる鋳物の最小肉厚は前者で0.8~1.5ミリメートル、後者で1.2~2.0ミリメートルである。鋳込み圧力はピストンを用いて30~50気圧に達するので、金型に押し付けられた溶湯の冷却速度はきわめて大きく、鋳造機を自動化することにより1日1000~2000個の多量生産ができる。金型としてはこのような繰り返しの鋳込みに耐えねばならないので耐熱鋼が用いられ、鋳込み用合金としては融点のあまり高くない亜鉛合金とアルミニウム合金とがおもに使用される。カメラボディーエスカレーターの踏み板やサッシの留め金などは身近なダイカスト製品である。[井川克也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のダイカストの言及

【鋳物】より

…アルミニウム合金,マグネシウム合金は,軽量で,熱処理によって高い強度を得ることができるので,航空機などの材料に用いられる。亜鉛合金は,比較的低融点で鋳造しやすいので,ダイカスト合金として使われている。(2)鋳型による分類 砂型,金型,特殊鋳型の三つに大別される。…

【鋳造】より

…一般に複雑な形状のものが鋳造でき,鋳肌がきれいである。(5)ダイカスト 精密に機械加工をした金型(ダイス)に高温で圧力をかけた溶湯を強制的に流し込み,きわめて短時間に凝固させる方法。鋳肌が平滑で,機械加工を必要とせず,同一規格品の大量生産が可能である。…

※「ダイカスト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ダイカストの関連キーワードダイカストパプストウィーヘルトシュミットファスビンダールビッチ鋳物アルトハウスウェルンレウェントラント

ダイカストの関連情報