コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイヤモンド型構造 ダイヤモンドがたこうぞうdiamond structure

1件 の用語解説(ダイヤモンド型構造の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダイヤモンド型構造
ダイヤモンドがたこうぞう
diamond structure

立方晶系に属する結晶構造の1種。単位胞の中に8個の原子があり,そのうちの4個ずつが2つの面心立方格子をつくり,それらは互いに立方対角線に沿ってその長さの 1/4 だけ移動した位置を占める。1つの原子には4個の最近接原子が正四面体の頂点の位置にある。共有結合をする炭素,ケイ素,ゲルマニウムなどの結晶にみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone