コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイヤモンド型構造 ダイヤモンドがたこうぞうdiamond structure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダイヤモンド型構造
ダイヤモンドがたこうぞう
diamond structure

立方晶系に属する結晶構造の1種。単位胞の中に8個の原子があり,そのうちの4個ずつが2つの面心立方格子をつくり,それらは互いに立方対角線に沿ってその長さの 1/4 だけ移動した位置を占める。1つの原子には4個の最近接原子が正四面体頂点の位置にある。共有結合をする炭素ケイ素ゲルマニウムなどの結晶にみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ダイヤモンド型構造の関連キーワード閃亜鉛鉱型構造共有結合結晶

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android