コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダオメー王国 ダオメーおうこく Dahomey

2件 の用語解説(ダオメー王国の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダオメー王国
ダオメーおうこく
Dahomey

18~19世紀に栄えた,今日のベナン南部に位置する西アフリカの王国。言い伝えによると,17世紀初頭に 3人の兄弟がアラダ王国の王位をめぐり争った。兄弟の 1人が覇権を握ると,残る 2人のうち 1人は南東に逃れウィダ東岸にポルトノボという町を建てた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダオメー王国
だおめーおうこく
Dahomey

17世紀から19世紀にかけて、西アフリカの現在のベナン南部に栄えた王国。この地方は16世紀ころにはアジャ人のアラーダ王国の支配下にあったが、17世紀初頭同王国の王位争いに敗れた王子が、現在のアボメーアボメー王国を建設し、これがダオメー王国の前身となった。ウェグバジャ王(在位1650~85)の時代にダオメー王国と改称し、アカバ王(在位1685~1708)、アガジャ王(在位1708~40)の時代に強大化し、1725年にアラーダを、28年にウィダーを攻略し、ギニア湾沿岸地帯を征服した。18世紀初頭のウィダーは「ギニア湾沿岸地帯の最大の貿易港であり、その他のすべての地域で取引されるのと同様の奴隷が売買され、毎年40ないし50隻の船舶が積み荷を下ろしていると思う」とイギリス人のジョン・アトキンスは報告している。
 19世紀のダオメー王国は西アフリカ最大の2万人の常備軍をもち、ヨーロッパ人との取引のために奴隷を調達し、アシャンティ方面にも領域を拡大し、ギニア湾沿岸地帯を確保した。19世紀末、ゲレレ王はすでにフランスの保護下に入っていたポルト・ノボを再奪回しようとし、またコトヌーのフランスへの割譲に反対したため、1890~94年にフランスとの間で戦争となった。ダオメー王国はフランスに敗れ、ゲレレ王を継いだベハンガン王はマルティニーク島に追放され、その弟のアゴリ・アクボが即位したが、1900年に廃位されガボンに亡命し、ダオメー王国は滅亡した。[中村弘光]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダオメー王国の関連キーワードベナンアデア伽耶今日の日聖ベナン教会ベナン教会ウバールブリハディーシュワラ寺院ピューギニア[地域]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone